銀座カラーは口コミNo.1の女性限定脱毛サロン。無料カウンセリングで「ヒジ下脱毛無料」体験できます。



服に付いた油染みの取り方は超簡単!油のシミ抜き方法

もし役立つ内容なら「シェア」して下さいね!

家庭染み抜きはシミの度合いや衣類の素材によって失敗をするリスクもございます。難しいと感じる場合は無理をせずにクリーニング店に依頼しましょう。

▼信頼できる宅配クリーニング店に依頼

油しみ

の染み抜き

油のシミと言っても幅が広いですが、樹脂系の脂でなければ台所用洗剤が最適です。この場合は漂白の染み抜きなどは必要なく簡単に落とせます。ちょっと服に油が付いてしまったって時に知っておくと便利ですよ。

しみ抜きの目安!簡単そう

応急処置方法

外出先で食べこぼしなどシミをつけてしまった場合、まずはタオルやテッシュなどで固形物を取り除き、シミを十分に吸い取りましょう。

▼一滴で落とす裏ワザ「スポッとる」を使う

乾いたタオルやテッシュでシミの水分を十分に吸い取る。次はタオルに水を含みシミ部分に押し当てる。

要するに応急処置としてシミの濃度を出来るだけ薄くするのがコツ。これでシミが落ちればラッキーですし、仮に残っても染み抜きが圧倒的に楽になります。

<スポンサーリンク>


食用油のしみ抜きに使うもの

「台所用洗剤」
普段の食器洗いで使っているものでOKです。

「液体タイプ酸素系漂白剤」
塩素系は× 酸素系を使います。

「セスキ炭酸ソーダ」
アルカリ剤です。これでパワーアップ!

「クエン酸」
最後に酸性でアルカリを中和します。

※【重要】シミ抜きに使う洗剤の詳細&シミ抜きの注意事項について

油染み取り方

食用油の染み抜き方法

シミ部分に「台所用洗剤」をつけ歯ブラシでトントンします。ゴシゴシ擦って生地を痛めないように注意しましょう。もしくは、油シミの部分に台所用洗剤を塗って、そのまま洗濯機で洗ってみるのも手段の一つ。これで落ちたらラッキーですね!

台所洗剤だけでシミが落ちていたら終了です。もしまだシミが残っていたら次のステップに進みます。

簡単!台所用洗剤だけでシミが取れる

シミが残っていたら、そこに「セスキ炭酸ソーダ」をふりかけ、更にシミ部分に「液体の酸素系漂白剤」を大さじ一杯分ほどかけます。

セスキ炭酸ソーダはアルカリ剤です。酸素系漂白剤にアルカリの力を加え、パワーアップさせ、更に熱を加えます。ここでドライヤーでもOKですが、コップに熱湯を入れ、シミ部分にゆっくりかけ、5分~10分ほど放置させるのが楽ちんでおすすめ。

最後に、アルカリが残ったままだと衣類を痛めてしまうので「クエン酸水」をシミ部分に流し込み中和します。

しみ抜きはココで終了ですが、シミが残っていたら、セスキ炭酸ソーダを再びかけ、同じ作業を繰り返してみましょう。もしシミが取れていたら、洗濯機で洗うようにして下さい。

▼しみ抜き方法の実例はこちら

シミの難易度