クリーニング店の選び方!個人店とチェーン店どっちがおすすめか?

もし役立つ内容なら「シェア」して下さいね!

クリーニング店の選び方

日本全国にどこにでもあるクリーニング店。春の衣替えの季節には冬服をまとめてドン!と出すって方も多いでしょう。各クリーニング店も「春こそが稼ぎ時」とセールを打ち出す店が大半です。そこで良いクリーニング店を見極めるコツを紹介しましょう。

結論から言うと、個人店よりも大手チェーン店の方がおすすめな場合が多いです。その理由を以下で説明して行きましょう。

クリーニング、しみ抜き

個人店とチェーン店では、資金力が違い機材が違う。

クリーニング屋さんで良く見る「他店で落とせないシミを落とします」「一点一点手仕上げで」などと言った言葉。確かにインパクトありますが、ここはハッキリ言って重視するポイントではありません。

なぜか?理由は簡単です。これは言葉だけであって、実際にそこに本気で力を入れているクリーニング店はごく僅かだからです。特に「手仕上げ」と言う言葉は、個人のクリーニング店に多く見られますが、仕上げの機械に投資する資金の問題、手仕上げしか選択肢がない、それをイメージ良く書いていると言うのは業界人であれば誰でもが周知のことです。

染み抜きは、個人店の方が技術が高いってホント?

チェーン店よりも個人店の方が技術が高い。そんな言葉がネットなどで見る事がありますが、これは事実ではありません。もちろん個人店の中には染み抜きに突出したクリーニング店もあり、チェーン店より技術が高い事もあるでしょう。

しかし、それは一つの技術の高い個人店に関して言える事で、個人店がチェーン店に勝ると言う図式には当てはまりません。そもそもネットの普及で、クリーニング業界も染み抜き技術の共有や情報交換が一般的になり、突出した店以外は大して変わらないのが実情です。

高い染み抜き技術ある個人店に出すのがおすすめ?

これには様々な考え方があると思います。ただ特殊なシミがついた衣類以外は、間違いなくチェーン店がおすすめです。

これも理由は明らかで、チェーン店の方が管理がしっかりしているからです。それを見極める基準として、当日仕上げが出来るかで判断してみましょう。特に4月、5月、6月に当日仕上げが出来る店は管理が出来ているはずです。

4月~7月は当日仕上げの出来るクリーニング店を!

当日仕上げが出来ない店は、お客様から預かった服を放置して、数日してから洗うと言う手段しか出来ないと考えて間違いはないでしょう。

「いやいや当店は丁寧に扱ってますから」と言うのであれば、預けた服をどのように洗っているか見せてもらってください。絶対に断られるはずです。

自宅で洗濯する時、洗いは何分ですか?脱水は?乾燥は?それって1日以上かかるモノですか?クリーニング店には業務用の洗濯機、乾燥機あるはずです。それなのに翌日にも仕上がらないと言う仕組みはヤバイと思いませんか?

なぜ当日仕上げが大事なのか?

「当店はチェーン店のように流れ作業ではなく、丁寧に…」と言っている店に、預けた衣類と翌日になって「やっぱ取りやめます、戻して下さい」と言うと、どうでしょう?それをすると、全てが露見するはず。

丁寧に洗っているはずの服は、まだクシャクシャになって袋の中に入っていると言う可能性が高く、これのどこが丁寧なのか…。と言う結果になるのは想像に優しい。

これは衣類にとって良い環境とは言えません。ダニ、衣類を食べる害虫、不衛生な環境洗う前の状態で長時間放置されるのはハッキリ言って最悪です。

3月~7月までは個人店の利用はおすすめ出来ません。もちろん、個人店でも当日仕上げが出来る店があれば話は別です。当日仕上げ、もしくは翌日仕上げ(皮革、合皮、着物など特殊品は除く)が出来ない店は避けるべきと考えています。

最後に…

これは偏った考え方かもしれませんが、業界の裏を見た筆者の考え方です。もし私がクリーニング店に服を出すなら、特に春から初夏にかけては、私は個人店は絶対に利用しないので、それを情報として共有してみました。

個人店とチェーン店、どちらがおすすめかは店によって異なります。個人店でも優良店は沢山あり、一概に優劣は言えません。ただ業界の傾向として、洗うのが遅かったり、「保管サービス」とか言葉を変えて洗うのを放置したり…。

そんな背景を見てしまうと、当日仕上げが出来る店の方が鮮度が良く、いい店に感じてしまいます。それが出来ているのがチェーン店の方が多いようです。あしからず。