(スポンサーリンク)

染み抜きでクリーニング!でもシミが残って戻って来た時の対処方法

今回はクリーニング屋さんの「染み抜き」に関する話題。クリーニング店を利用する人に聞くと、殆どの人が「シミが付いたから」と言う理由が一番多いようです。

染み抜きとクリーニング

シミが付いたからクリーニング店に出す。これは確かに正しい選択です。シミは時間が経過すると落ちにくくなります。それは家庭しみ抜きだけでなく、クリーニング店も同じです。

こんな話を聞いた事はありませんか?「消費者の8割はクリーニングに不満を持っている」と言った話。ちょっと大げさにも感じるけど、実際はどうなんでしょうね。

クリーニング店を利用する消費者の不満は8割

クリーニング店を利用した人の8割が不満に感じているクリーニング業界。一体何が問題なのでしょうか?気になります。

クリーニング、しみ抜き

その不満に感じられる原因をリストアップしてみましょう。

例えば一般的に考えられる事と言えば、シミが落ちていないキレイになってないアイロンが悪い臭い何か匂うゴミが入ってた虫がへばりついていた接客が悪い値段が高い、など…

細かく考えたら切りがないかもしれませんが、実際にあなたが利用しているクリーニング店はどうでしょうか?

もし気に入らない点があるなら簡単!次から別の店に利用店を変えれば良いだけです。

世の中に8割の人が不満に感じてる中で、2割の優良店を探すのは難しいかもしれないけど、全てが悪いと言うワケはないはずです。

利用中のトラブルの場合はどうしたら良いの?

気に入らなければ、次から店を変えればよいと簡単に言われても、次のようなケースの場合もあるかもしれませんね。例えば…

シミが全く落ちてない

アイロンが下手でシワシワ

クリーニングで風合いが変になった

今度から絶対に別の店に出すけど、おいおい!この服はどうしてくれるんだ!?と言うケースです。困りますよね。

クリーニング しみ

仕上がりに問題あるケースの対処法は…

クリーニング店には、ハッキリ伝える事です。でもクリーニング店の中には「染み抜き」が出来ない店もあります。ただ洗うだけの店。

意外と思われるかもしれませんが、実は多いです。だから、このような店で「染み抜き料金」が発生している時点で変なのです。

このような場合は、まず再染み抜き、再仕上を要求しましょう。それでも何も変わらない場合は、シミ抜き料金だけ返金を願い出ると良いでしょう。

ただし、クリーニング料金を返金して下さい!って言うのは消費者側の間違いです。実際に洗っているわけですので、洗った事実を無しにしろって言うのは、見方を変えれば恐喝や脅迫になるのでご注意下さい。

クリーニング店の方から、「クリーニング代は結構です」と言い出した場合は別ですが、消費者側からクリーニング代を全て返せは言っては行けません。交渉するなら約束を果たしていない染み抜き料金(有料染み抜きの場合)まででしょう。

風合いに問題がある場合、弁償して欲しい場合は…

シミが落ちていない、仕上がりが悪いと言った問題ではなく、クリーニングに出した服の風合いが変わった、脱色した、破れた、傷がついた、剥がれてるなど、いわゆるクレームとなる場合もあります。

風合いに関しては証拠がないので弁償は難しい場合が多い。ただ破れたり、傷ついたり、変色した場合などは、弁償の対象になります。

しかし全額弁償と言う事は、まずありえません。要するに購入金額で返金は、ほぼ100%あり得ないでしょう。

衣類は製造日から計算し、1年も経てば半額以下の価値になっています。クリーニング店は弁償する場合、この値段で交渉をしますので、益々トラブルは拡大しやすいのです。

トラブルが発生した場合、最終的には「生活消費者センター」に相談となるケースも多い。しかし、この消費者センターは消費者の味方のはずですが、結果的には消費者の思い通りの結果にならないケースが大半。

何故なら「結局は衣類の価値は…」と言う結果になるのは明らかで、結局は購入金額の1割や2割で弁償で収まってしまうからです。

では、どうしたら良いのか?

もしクリーニング店に対し納得できない場合は、トコトン、しつこく、クリーニング店に納得できていない事を主張し続けるだけです。しんどいし、疲れます。体力も使います。ストレスもたまります。

だから、クリーニング店は適当に選ぶのではなく、きちんとした店を探し利用しなくてはいけないのです。クリーニング店選びはネットの評判は当てにならない場合が多い。口コミはサクラが多いです。テレビに出てるクリーニング店が優良とも限りません。地元で評判の店を耳で聞いて利用するのが一番と言えるでしょう。

消費者の8割が不満に感じる業界です。大切な服を出す時は、ちゃんと店選びを忘れずに!