メンズ脱毛器って何が良いの?4種の特徴と絶対おすすめの脱毛器

もし役立つ内容なら「シェア」して下さいね!

家庭用メンズ脱毛器について

美容関連を担当するTAKIです。突然ですが男性の皆さんに質問です。自分自身が毛深いとコンプレックスを感じた事はありますか?

脱毛

どうやら…、結構多いようです。

前回、メンズ脱毛について紹介しましたが、最近はメンズ脱毛が隠れたブーム。男性の毛深さに関して、その毛深さに魅力感じてくれる人もあれば、毛の多い少ないで人の価値は変わらないと気にしない女性がいるのも事実。しかし、残念ながら…どうしても「気持ち悪い」「不潔」と受け止めてしまう女性もあるようです。

男性はどうしても女性の目を気にしてしまいますもんね…。やっぱり気になりますよね。

自分でムダ毛を処理をする場合

そこでメンズ脱毛の専門店に行くと言う方もあるけど、資金の問題で自分で脱毛処理をすると言う人も多いとか。こちらの方が気軽なので、実際には専門店やエステに通うより自分でやっている人の方が割合的には多そうです。

そこで自分でムダ毛を処理する場合、主に2つの方法がります。それは…

●脱毛クリームを買って処理をする
●脱毛器を購入して処理をする

そこで今回は、脱毛器にテーマを絞って紹介してみましょう。



おすすめの脱毛器は?

自宅で脱毛できる家庭用脱毛器は多くのメーカーから販売されています。専門店で永久脱毛と同じというワケには行きませんが、とっても高性能のモノも販売されています。だから、脱毛効果のある家庭用脱毛器をしっかり使い続けると、十分な効果は見込めるのです。

家庭用の脱毛器は大きく分けて4種類。

◆レーザー式
◆フラッシュ式
◆サーミコン式
◆毛抜き式

それでは各種類の特徴から考察して、おすすめの商品を紹介しましょう。長所や短所など参考になりそうであれば幸いです。

ズバリ言いますが、この中で選ぶなら1番のおすすめが「フラッシュ式」、次が「レーザー式」です。本気で脱毛を考えるなら「サーミコン式」「毛抜き式」は安価ですが、あまりおすすめではありません。

理由は「サーミコン式」と「毛抜き式」は脱毛と言うよりも除毛効果だからです。脱毛を目的とする方には役不足でしょう。一時的に毛を除くのであれば、除毛クリームで処理をするのと効果的には大差ありません。

何を買うか悩むなら、ケノンを選べば後悔はしないはず!

おすすめポイント


ケノン脱毛器(フラッシュ式)

フラッシュ式の脱毛器の代表格と言えばケノン。脱毛効果はレーザー式に負けない効果を発揮し、日本国内の家庭用脱毛器の中では一番人気。光を照射する範囲が広いので時間的な効率が良いのも高評価。敏感肌の日本人を対象にした商品です。

男性用としてでなく、女性にも絶大な人気を誇る脱毛器です。まゆ毛脱毛も付いているので特に女性から喜ばれている日本国内で堂々の人気NO.1商品。

▼家庭用脱毛器「ケノン」公式サイト

種類 フラッシュ式
脱毛効果 高い
痛み ほとんどなし
値段 69,800円
重量 120g

脱毛効果が高く、痛みも殆どない。もし脱毛器を探しているならコレを買っておけば絶対に間違いいありません。ただ、値段は安くない。そこだけが短所かもしれません。


余計な事ですが…この「ケノン」の公式サイトを見ると、キャンペーン期間にはキャンペーン終了までのカウントダウンが動いています。この数字を見ると「怪しいサイト?」と感じてしまいそうになるけど、決してそんな事はありません。ご安心ください。

▼家庭用脱毛器「ケノン」公式サイト
▼利用者のレビュー


トリア・パーソナルレーザー脱毛器(レーザー式)

米国FDA(日本における厚生局)の認可を受けた唯一の家庭用レーザー脱毛器として有名。毛の黒さはメラミン色素。そのメラミンをピンポイントにレーザー照射し皮膚にダメージを与えることなく脱毛の効果を発揮。

しかし、どうしても痛みを感じてしまう事があるらしく、また色素やシミの濃い方は火傷になる可能性も。購入前にそのデメリット面をしっかり把握しておきましょう。

▼トリア・パーソナルレーザー脱毛器について

種類 レーザー式
脱毛効果 高い
痛み あり
値段 54,800円
重量 584g


ノーノーヘア(サーミコン式)

これは熱で処理するタイプのモノ。つまり脱毛器から発せられる熱戦に毛が接触することで毛をカットする仕組み。いわば除毛クリームと同じで一時的に効果ある除毛器といった感じです。

値段は安く小型、使用時の痛みも少ないが脱毛効果は低い。基本的には肌に熱線が触れないように出来ていますがヤケドの危険性があり、毛が焼ける臭いを伴います。

▼ノーノーヘアについて

種類 サーミコン式
脱毛効果 脱毛ではなく除毛
痛み なし。温かい。
値段 8,000円
重量 105g


ソイエ(毛抜き式)

お風呂で使える防水機能付の自動毛抜き式の脱毛器。お風呂でやさしく泡脱毛が出来る特徴がるけど痛みを感じると言う利用者の声が多い。また脱毛効果として、あまり期待は出来無いと言った声も多いので、その辺を見極めて決めるのが望ましいでしょう。

▼ソイエについて

種類 毛抜き式
脱毛効果 低い
痛み 痛いと言う声が多い
値段 8,600円
重量 170g


以上、脱毛器の4種類を紹介しました。文中でも書いた通り、この中で選ぶなら絶対におすすめが家庭用脱毛器「ケノン」です。

少し金額は高くなるけど、やはり目的は脱毛。中途半端に金額をみて妥協して「やっぱり、あれにしとけば」「失敗したな」と思うのが一番勿体ないはず。安いモノを選んだとしても8千円ほどしますので、それなら除毛クリームの方が良いのかも。でも1年に何回か除毛クリームを買うなら、結果的には脱毛器の方が安くなる。

長く使うモノなら性能が良いものがイイ。そうなると、やっぱりケノンがおすすめです。