鼻血のシミ落とし方!ダメ元10分でチャレンジの染み抜き方法

もし役立つ内容なら「シェア」して下さいね!

鼻血

鼻血の染み抜き

血液の染みは簡単には落ちません。乾く前なら簡単ですが、一度乾いてしまうと難しい。でも不可能なシミではありませんのでダメもとでチャレンジする価値はあるでしょう。

また、血液の染みは熱はNGと耳にすることがありますが、40℃くらいまでなら大丈夫。なぜって体温ほどの温度でNGなワケ無いからです。しみ抜きはぬるま湯でやる方が効果的。

しみ抜きの目安!手ごわそう

応急処置方法

血液のシミの応急処置は乾く前に洗うがポイント。血が付いたら乾いてしまう前に流水で洗い流すとそれだけで簡単に落ちます。とにかく乾く前の行動が大事です。

<スポンサーリンク>


鼻血のしみ抜きに使うもの

「液体タイプ酸素系漂白剤」
塩素系は× 酸素系を使います。

「セスキ炭酸ソーダ」
アルカリ剤です。これでパワーアップ!

「クエン酸」
最後に酸性でアルカリを中和します。

※【重要】シミ抜きに使う洗剤の詳細&シミ抜きの注意事項について

鼻血

鼻血の染み抜き方法

血液の染みはまず最初に洗い流しましょう。そこで少しでも落ちるなら、染み抜きに入る前に洗い流してください。それから本格的なしみ抜きに入ります。

ますシミ部分に「セスキ炭酸ソーダ」をふりかけ、更にシミ部分に「液体の酸素系漂白剤」を大さじ一杯分ほどかけます。セスキ炭酸ソーダはアルカリ剤です。酸素系漂白剤にアルカリの力を加え、パワーアップさせ、次に熱を加えます。

漂白の染み抜きポイント!アルカリ

ここで言う熱は40℃ほどのお湯。体温より低い温度で設定し、お湯の中に衣類を入れます。そして30分ほど放置して下さい。40℃が高く感じる方もあるかもしれませんが、風邪を引いて高熱の場合に40℃ほど出る事があります。まず大丈夫です。

※ただし水洗いのできないレーヨンなどの素材、もしくはお湯に漬けて色が出てしまう衣類に関しては、この処置は出来ません。

そして、アルカリが残ったままだと衣類を痛めてしまうので「クエン酸水」をシミ部分に流し込み中和します。

しみ抜きはココで終了ですが、シミが残っていたら、セスキ炭酸ソーダを再びかけ、同じ作業を繰り返してみましょう。もしシミが取れていたら、洗濯機で洗うようにして下さい。

▼しみ抜き方法の実例はこちら

シミの難易度