●ランキングの順位は…?



万年筆のシミの落とし方!服についたシミの取り方のコツは?

もし役立つ内容なら「シェア」して下さいね!

万年筆のインクのしみ抜き

万年筆のインクの染み抜き

万年筆のインクと言っても最近では色々なタイプがあると聞きますので一概には言えませんが染料や顔料を主としたもの。これが服に付いて簡単に落とせるわけがありません。乾く前なら落としやすくとも、乾くと困難です。

また少量なら何とかなっても大量にベットリはクリーニング店がおすすめです。服に付いたら、まずはアルコールジェルから使ってみましょう。

しみ抜きの目安!無理かも

応急処置方法

インク系のシミの応急処置は判断が難しい。中途半端にすると逆にシミの範囲が広がってしまう可能性があります。応急処置で水分は出来るだけ使用しないようにしましょう。もしインクが付いて、まだ乾いていない状態なら乾いたテッシュなどでまずは拭き取るのが大切。

手洗い用の「アルコールジェル」は意外と使えます。これは100均などでも売ってますので職場や家庭に一つ置いておくと便利です。

<スポンサーリンク>


万年筆のインクのしみ抜きに使うもの

「台所用洗剤」
普段の食器洗いで使っているものでOKです。

「クレンジングオイル」
これも油。最後に台所用洗剤を忘れずに。

「アルコールジェル」
応急処置にも使えて便利です。

「液体タイプ酸素系漂白剤」
塩素系は× 酸素系を使います。

「セスキ炭酸ソーダ」
アルカリ剤です。これでパワーアップ!

「クエン酸」
最後に酸性でアルカリを中和します。

万年筆のインクの染み抜き方法

手元に「アルコールジェル」があるなら、シミ部分に直接つけて、歯ブラシでトントンと浸み込ませましょう。アルコールジェルだけでシミが薄くなるなら同じ作業を繰り返してください。これだけで落ちる場合も多いです。

シミが残った場合、次に使うのは「台所用洗剤」です。台所用洗剤をシミ部分につけ、歯ブラシでトントンします。ゴシゴシ擦って生地を痛めないように注意しましょう。もしまだシミが残っていたら次のステップに進みます。
※簡単なシミの場合は台所用洗剤だけで落ちる場合も多々あります。

油性の場合は、「クレンジングオイル」を使うのもおすすめ。しかし、これも油ですので、クレンジングオイルを使用したら必ず、もう一度、台所用洗剤を使うのを忘れずに(これを忘れると油染みが残ります)。

インクのシミ抜きの注意点

それでもシミが残っていたら、次は「セスキ炭酸ソーダ」をふりかけ、更にシミ部分に「液体の酸素系漂白剤」を大さじ一杯分ほどかけます。

セスキ炭酸ソーダはアルカリ剤です。酸素系漂白剤にアルカリの力を加え、パワーアップさせ、更に熱を加えます。ここでドライヤーでもOKですが、コップに熱湯を入れ、シミ部分にゆっくりかけ、5分~10分ほど放置させるのが楽ちんでおすすめ。

最後に、アルカリが残ったままだと衣類を痛めてしまうので「クエン酸水」をシミ部分に流し込み中和します。

しみ抜きはココで終了ですが、シミが残っていたら、面倒ですがアルコールジェルから同じ作業を繰り返してみましょう。インク系のシミは根気勝負です。注意点は衣類の耐久性です。しみ抜きが終わったら、最後は洗濯機で洗い直しましょう。


【しみ抜きアイテムを探す】

▼「台所用洗剤」について
▼「液体酸素系漂白剤」について
▼「セスキ炭酸ソーダ」について
▼「クエン酸」について

▼「クレンジングオイル」について
▼「アルコールジェル」について
▼「除光液」について
▼「消毒用エタノール」について

シミの難易度