●ランキングの順位は…?



洗濯物を早く乾かす方法は?冬と梅雨の洗濯物の上手な干し方

もし役立つ内容なら「シェア」して下さいね!

   洗濯物を早く乾かす方法

ある調査によると、一般の主婦が洗濯で一番苦手なのは「洗濯物を干す」ことだそうです。確かに洗濯機でシワクチャになっているモノを取り出して干すと言うのは面倒です。

まだ天気が良くてカラッとした日なら遣り甲斐もあるけど、梅雨や冬、また長雨の続く日などウンザリですね。

洗濯物の渇きが悪い…
何か良い乾かし方の方法とかあるのでしょうか?

洗濯物の乾かし方

洗濯物を早く乾かすコツ。そのポイントは…

「空気の流れを作ること」
「湿気を取ること」

この2点になります。意識すれば洗濯物の乾くスピードが格段にUPしますよ。例えば空気の流れを作ると言うのは、洗濯物を干す時に間隔をあける。扇風機で風を当てるなど。たったこれだけの事を意識するだけで全然違ってきます。

例えば干し方でも随分と乾き方が変わりますので、以下に紹介しましょう。

洗濯物を少しでも早く乾かす干し方

洗濯物を干す時、何も考えずバッと干してしまうと洗濯物同士が重なってしまう場合がありますね。このような干し方は説明するまでもなく非効率的です。適切な間隔を開けましょう。洗濯物を早く乾かす方法

他に、干し方としては「V字干し」と呼ばれる干し方があります。この干し方は両端が短いもので、真ん中が長い。特に悪いわけではありませんが、もっと効率的な干し方があります。

洗濯物を早く乾かす方法

こちらは「長短干し」と呼ばれている干し方。短い服、長い服を交互に干すやり方で、無意識にこの干し方をしている方も多いと思います。これも悪くありません。

しかし、もっと効率の良い干し方があるんです。

洗濯物を早く乾かす方法

では、一体どのような干し方が効果的なのかと言えば、「アーチ干し」と呼ばれる干し方。

ライオンの生活快適研究所の調べによると、最も乾きの遅い丈が長く分厚い衣類を両端に干すことで風当たりを良くさせ、またアーチ型にすることにより、空気の流れが全体的にいきわたり、中央に干している衣類も早く乾きやすいとのこと。

洗濯物を早く乾かす方法

こんな干し方一つで乾き方が変わるの?って疑いたくなる方もあるでしょうが、実際にやって見ると歴然と結果は異なります。

まずは、一番分厚い服、丈の長い服など、最も乾きにくそうな服を両端に干し、全体的に間隔をあけて干すことから始めてみましょう。

洗濯物を早く乾かす為に欠かせない注意事項

洗濯物を早く乾かす為に絶対に欠かせない注意事項があります。それは洗濯物の量です。

もし一度の洗濯の量が多すぎた場合、洗濯物は密集し、間隔を開ける事が出来ません。つまり空気の流れを作るのが不可能で周囲は湿度でムンムンになってしまいます。

そうなると、「アーチ干し」「V字干し」「長短干し」も何も関係なくなり、単なる「ダメ干し」以外の何でもありません。これでは一切乾きません。

冬や梅雨時期など、洗濯物の渇きが悪い時期は一度に洗う洗濯物の量を減らしてみましょう。その為には2日に一度、3日に一度と言ったリズムではなく、毎日洗濯する。実はこれが乾くスピードを圧倒的に早くさせる秘訣なのです。