【重要】コレは知っておきたい!シミ抜きに使う洗剤と注意事項

もし役立つ内容なら「シェア」して下さいね!

家庭の染み抜きで使うアイテムは?

衣類にシミが付いた時、食べこぼしなら自宅で8割ほどは落とせます。

もちろん衣類の素材やシミの状況によって異なりますので絶対的な事は言えませんが、食べこぼしなら家庭でトライしたいものです。

家庭で落とせる食べこぼしなどは、台所用洗剤酸素系漂白剤アルカリ剤クエン酸を使って落とすことが出来ます。

案内、私にも出来るはず

染み抜き洗剤

クリーニング屋さんで使っている染み抜き剤は、一般の洗剤より圧倒的に落ちやすいです。楽天で同じようなシミ抜き剤が買えますのでラクしたい方にはおすすめ!

⇒ 楽天で買えるプロ用染み抜き剤



家庭しみ抜きに使う洗剤の特徴

「台所用洗剤」
油のシミだけでなく全般的に使います。普段の食器洗いの洗剤でOK。自然派の特殊な洗剤ではなく、中性の油ギトギトの食器に強い洗剤が理想的です。

「クレンジングオイル」
これも油のシミに使用しますが、主に化粧品によるシミの時に活躍します。ただしクレンジングオイル自体が油なので、使用後は台所用洗剤を使ってクレンジングオイルの油を落とすのを忘れずに。

「アルコールジェル」
応急処置にも使えて便利です。ボールペンのシミなどに使います。アルコールはアルカリが強いので使用したら必ずクエン酸などで中和しなくてはいけません。

「液体タイプ酸素系漂白剤」
塩素系ではなく、酸素系漂白剤を使います。塩素系は失敗が多発しますので、家庭しみ抜きで使わない方が良い。酸素系漂白剤は少し手がヒリヒリしますので、気になる方は手袋を着用して使いましょう。

「セスキ炭酸ソーダ」
アルカリ剤。重層でも大丈夫。当サイトではセスキ炭酸ソーダを基本的に使用しています。使用したら必ずクエン酸などで中和することを忘れずに。

「クエン酸」
アルカリ剤を使用した後に中和させるために使用します。クエン酸が無い場合はお酢でもOK。ただしお酢は臭いが強いです。中和した後も、洗濯機などで洗い直しをした方が確実です。もしアルカリが衣類に残っていると時間の経過で変色したり生地が脆化する場合があります。

「除光液」
粘着を取る時やマニキュアなどの樹脂系のシミに有効的です。除光液はアセトン入りを使います。ただし、これは裏地などに多いアセテートやトリアセテートには使用できません。

「消毒用エタノール」
油性ボールペンやマーカーなどを落とす時に便利。また油性のシミなどの応急処置としても使えます。

染み抜きのコツ

家庭しみ抜きの注意事項

クリーニング店でのシミは業務用の専用しみ抜き剤を使用し、蒸気やバキュームのある専用しみ抜き台を使用します。家庭ではこのような特殊洗剤、設備がありません。家庭で落とせるシミには限界があります。

難しいと感じたら無理をせず、クリーニング店に出すようにしましょう。

染み抜きは無理は禁物

ただし、シミは1回で落ちるほど簡単ではない場合が多いので、日頃からシミを意識して「このシミなら落ちるかも」という目線を持ちましょう。

そうなると、自分で落とせるシミ、落とせないシミの判断が見えてきます。

危険なシミ抜き方法…

インターネットなどで見かける染み抜き方法の中で、沸騰するヤカンの蒸気を使ってする方法などを見かけますが危険です。火傷、また生地を傷めるリスクが高いです。

また塩素系漂白剤を使用した方法などもありますが、色柄物は脱色します。また間違って混ぜると危険ですので、コレも真似をしない方が良いでしょう。

【重要ポイント】

家庭でのシミ抜きは、慣れている方は「落とせる」「これ以上はダメ」と引き際が分かるので問題ありません。しかし、不慣れな方は「やりすぎて生地を傷める」ケースが多々あります。

もしも、難しいと感じる場合は、無理をせずクリーニングに出しましょう。
⇒宅配クリーニング人気ランキング

【厳選】宅配クリーニングおすすめランキング 「安心して出せるクリーニングは?」「安い宅配クリーニングは?」そんなことをネットで調べたことは...

無理せずクリーニングに出す

◆おすすめの宅配クリーニング
<送料無料><シミ抜き無料><長期保管無料>
※宅急便利用
▼宅配クリーニング「ラクリ」は送料無料!染み抜き無料!詳細はこちら
毎月クリーニングを出す方、高級ブランドの多い方は定期便の利用がお得です。
定期便は集荷バックに枚数制限なし詰め放題
「定期便」の詳細はこちら