(スポンサーリンク)

洗濯で落ちないシミ取りに重層はどれほど効果あるの?

私たちの生活において必要不可欠な洗濯。どんなに面倒でも定期的に必ずしないといけない。裕福なら「お手伝いさんにおねがい」なんて言えるのかもしれないけど、現実はそう甘くありません。

面倒な気持ちをグッと抑え洗濯しても、汚れが落ちてない!

そんな経験って少なくないはず。こんな時はクリーニングに出しますか?それとも自分でシミを取る?それとも、見なかったフリもあるでしょう。

家庭洗濯&しみ抜き(重層について)

自分の服、もしくは家族の誰かの服に付いたシミなので、何をしても自分が納得できるなら何でもよいと思います。でも、クリーニングに出すのはお金がかかって勿体ない。見なかったフリをしちゃうと、もう着れないし、これまた勿体ない。

そうなると自分でシミ抜きをするのが一番早い。

でも面倒くさい…

衣類のしみ抜き

自分でしみ抜き出来るのかなぁ~

簡単じゃなさそうだし…

やっぱり面倒だなぁ~

そんな声が聞こえてきそうですが、実際にはその通り。家庭でシミを取るのは簡単そうに見えて実際には難しい場合が多い。もちろん、簡単に落ちる場合もあるけど、手間がかかって面倒なのは間違いありません。

家庭で衣類のシミを取る場合、何をどうしたら良いのか分からない方も多いと思います。そこで出来るだけシンプルで強力なシミ抜き方法を紹介しましょう。

使うものは「酸素系漂白剤」「重層」「クエン酸」のみ。

もしも酸素系漂白剤を液体ではなく粉末を使うなら「重層」は必要ありません。

え?何で??粉末の酸素系漂白剤を使ったら重層は必要ないの?って思われるかもしれませんが、重層そのものはシミを落とす力があると言うより、重層はアルカリ剤だから使います。

一般的なシミは酸性が多く、重層などのアルカリ剤はシミを取り除くのに大きな効果を発揮してくれます。つまり重層はアルカリの力が欲しくて使用するのが目的です。

「液体の酸素系漂白剤」は弱酸性、「粉末の酸素系漂白剤」はアルカリ性。だから粉末の酸素系漂白剤を使う場合は重層は使わなくて良いと言うワケです。

液体の酸素系漂白剤=弱酸性
粉末の酸素系漂白剤=アルカリ性

アルカリを必要とする意味で言えば、重層ではなく「セスキ炭酸ソーダ」でも大丈夫。その効果はそう変わりません。敢えて言うなら使用してみた感覚として重層よりもセスキ炭酸ソーダの方が効果がありそうに感じますが、実際には大差ないでしょう。

この方法を実践して、確実にシミが落ちるかと言えば、そうとも断言は出来ません。でも無理のない範囲で、しみ抜きはやる価値があるはずです。

しみ抜き方法に関してはこちらを参考にしてみて下さい。最初は大変でも、やって見ると意外と楽しくコツを覚えたらドンドン落ちます。