食べるラー油のシミの落とし方!簡単10分で出来る染み抜き方法

もし役立つ内容なら「シェア」して下さいね!

食べるラー油

食べるラー油の染み抜き

ラー油(食べるラー油も含む)のシミは見た目以上に簡単に落とせますが、強い油分を含んでいますので、台所用洗剤だけでは落ちにくい場合も多々あります。

基本的に漂白の染み抜きなどは必要ありませんが、時間の経過と共に酸化して黄ばみが発生するケースがあるので、その時は漂白剤を使いましょう。

しみ抜きの目安!簡単そう

応急処置方法

外出先で食べこぼしなどシミをつけてしまった場合、まずはタオルやテッシュなどで固形物を取り除き、水分や油分を十分に吸い取りましょう。そしてタオルに水を含み、適度にしぼってからシミ部分に押し当てます。

要するに応急処置としてシミの濃度を出来るだけ薄くしておくのがポイント。これでシミが落ちればラッキーですし、仮に残っても自宅での染み抜きが断然楽になります。

<スポンサーリンク>


食べるラー油のしみ抜きに使うもの

「台所用洗剤」
普段の食器洗いで使っているものでOKです。

「クレンジングオイル」
これも油。最後に台所用洗剤を忘れずに。

「液体タイプ酸素系漂白剤」
塩素系は× 酸素系を使います。

「セスキ炭酸ソーダ」
アルカリ剤です。これでパワーアップ!

「クエン酸」
最後に酸性でアルカリを中和します。

※【重要】シミ抜きに使う洗剤の詳細&シミ抜きの注意事項について

食べるラー油

食べるラー油の染み抜き方法

シミ部分に「台所用洗剤」をつけ歯ブラシでトントンします。ゴシゴシ擦って生地を痛めないように注意しましょう。台所洗剤だけでシミが落ちていたら終了です。もしまだシミが残っていたら次のステップに進みます。

もし多く油分を含み、台所用洗剤で落ちない場合は「クレンジングオイル」を使うのもおすすめ。しかし、これも油ですので、クレンジングオイルを使用したら必ず、もう一度、台所用洗剤を使うのを忘れずに(これを忘れると油染みが残ります)。

簡単!台所用洗剤だけでシミが取れる

それでもシミが残っていたら、次は「セスキ炭酸ソーダ」をふりかけ、更にシミ部分に「液体の酸素系漂白剤」を大さじ一杯分ほどかけます。

セスキ炭酸ソーダはアルカリ剤です。酸素系漂白剤にアルカリの力を加え、パワーアップさせ、更に熱を加えます。ここでドライヤーでもOKですが、コップに熱湯を入れ、シミ部分にゆっくりかけ、5分~10分ほど放置させるのが楽ちんでおすすめ。

最後に、アルカリが残ったままだと衣類を痛めてしまうので「クエン酸水」をシミ部分に流し込み中和します。

しみ抜きはココで終了ですが、シミが残っていたら、セスキ炭酸ソーダを再びかけ、同じ作業を繰り返してみましょう。もしシミが取れていたら、洗濯機で洗うようにして下さい。

▼しみ抜き方法の実例はこちら

シミの難易度