●ランキングの順位は…?



脇の黄ばみの落とし方!ダメ元10分でチャレンジの染み抜き方法

もし役立つ内容なら「シェア」して下さいね!

脇の汗ジミ

脇の黄ばみの染み抜き

汗による黄ばみのシミは食べ物が変色した黄ばみより落ちにくい場合が多いです。でも脇の黄ばみは目立って恥ずかしく、何としても落としたいものですね。

簡単に落ちないシミですが家庭で落とせる場合も多い。ただし基本的には何度も同じ作業を繰り返さないと落ちないシミと覚悟しておいた方が良いでしょう。根気勝負ですが無理は禁物。落ちないと思ったら染み抜き専門のクリーニング店に依頼しましょう。

しみ抜きの目安!手ごわそう

応急処置方法

黄ばみのシミに応急処置も何もありません。洗わずに放置していた結果として黄ばんでしまったわけですので、応急処置としては手遅れです。酸素系漂白剤などを使って、しっかりと染み抜きをしましょう。

汗は目に見えないけど時間の経過で黄ばみます。着用したら必ず洗濯しましょう。

<スポンサーリンク>


脇の黄ばみのしみ抜きに使うもの

「台所用洗剤」
普段の食器洗いで使っているものでOKです。

「液体タイプ酸素系漂白剤」
塩素系は× 酸素系を使います。

「セスキ炭酸ソーダ」
アルカリ剤です。これでパワーアップ!

「クエン酸」
最後に酸性でアルカリを中和します。

※【重要】シミ抜きに使う洗剤の詳細&シミ抜きの注意事項について

脇の汗ジミ

脇の黄ばみの染み抜き方法

シミ部分に「台所用洗剤」をつけ歯ブラシでトントンします。ゴシゴシ擦って生地を痛めないように注意しましょう。台所洗剤だけでシミが落ちていたら終了です。もしまだシミが残っていたら次のステップに進みます。

シミが残っていたら、そこに「セスキ炭酸ソーダ」をふりかけ、更にシミ部分に「液体の酸素系漂白剤」を大さじ一杯分ほどかけます。

漂白の染み抜きポイント!アルカリ

セスキ炭酸ソーダはアルカリ剤です。酸素系漂白剤にアルカリの力を加え、パワーアップさせ、更に熱を加えます。ここでドライヤーでもOKですが、コップに熱湯を入れ、シミ部分にゆっくりかけ、5分~10分ほど放置させるのが楽ちんでおすすめ。

最後に、アルカリが残ったままだと衣類を痛めてしまうので「クエン酸水」をシミ部分に流し込み中和します。

しみ抜きはココで終了ですが、シミが残っていたら、セスキ炭酸ソーダを再びかけ、同じ作業を繰り返してみましょう。もしシミが取れていたら、洗濯機で洗うようにして下さい。

▼しみ抜き方法の実例はこちら

シミの難易度