大地震、巨大台風、ゲリラ豪雨。
防災対策していますか?

⇒準備すべき防災グッズ<まとめ>


ムダ毛処理って何が一番良いの?知ってビックリ意外な脱毛の話

もし役立つ内容なら「シェア」して下さいね!

ムダ毛処理のおすすめは何が良い?

ムダ毛が気になる…。
最近少し毛深くなった…。

このような悩みは誰にでもありますね。カミソリを使って自分で剃った経験は誰にでもあると思いますが、ムダ毛処理って何が一番良いのでしょうか?

ムダ毛処理は何が一番良い?

そのムダ毛処理の方法としては、一般的に5つあります。

①カミソリで剃る
②除毛クリームを使う
③家庭用脱毛器を買う
④脱毛サロンに通う
⑤医療脱毛で永久脱毛

それぞれにメリットとデメリットがありますが、金銭的にも全然違います。

もしお金があるなら「⑤の医療脱毛で永久脱毛をしたい」って方が多いと思いますが、実際には、お風呂でカミソリで剃ってるなんて方も少なくないでしょう。

ちなみに、それぞれにかかる金額目安は以下の通りです。

①カミソリ   ⇒ 1,000円以下
②除毛クリーム ⇒ 平均3千円ほど
③家庭用脱毛器 ⇒ 4万~7万円
④脱毛サロン  ⇒ 20万~30万円
⑤医療脱毛   ⇒ 20万~40万円

このように金額だけを見ると、脱毛サロン医療脱毛ムリと感じる人が多いかもしれませんね。確かに20万、30万、40万は高額です。

でも、ムダ毛を考える場合は、長い期間で考える目線も持っておきましょう。

脱毛は長い目で見る

ムダ毛処理はトータル金額で考える

ムダ毛は毎日ジワジワと伸びて来ます。

個人差はありますが、例えば1ヶ月に1度のペースで「ムダ毛」処理をするのであれば、1年で12回のムダ毛処理が必要となります。

かなりザックリした考え方ですが、2年で24回、3年で36回、4年で…という頻度は、実際にかかっているという事を頭に入れておくと良いでしょう。

ここで何を伝えたいかと言えば…

カミソリを5年使い続けたら、計60回ほど毛を剃ることになりますよね。それまでに肌が荒れたり、傷ついたりの可能性もあります。しかし、金額的なコストは抑えられ、節約と言う目線では正解でしょう。

除毛クリームを買い続けていたら一番安い1,000円ほどの除毛クリームでも、毎月のように5年間続けたら6万円になります。安価な除毛クリームは刺激が強い場合があります。そこで肌に合うモノを探し求め、2,500円くらいの製品で定着したら、1年間で3万円、5年間で15万円の出費になります。

もちろん、金額ベースで考えた場合です。

ムダ毛処理は毎月

カミソリで5年間剃っていても、しっとり肌の状態を維持できている場合もあるでしょう。ただ、その確率は低く、それが出来ている方は丁寧な処理の賜物といえます。

また、除毛クリームが肌に適していて使い心地が一番良いって方もあるでしょう。ずっとコレを使い続けるって方もありますね。

毎月のムダ毛処理は10年単位で!

ムダ毛処理に対するメリットの基準は十人十色、医療脱毛や脱毛サロンが必ずしも自分自身に合っているとは限りません。人それぞれです。

それを踏まえて、言いますが、医療脱毛や脱毛サロンは、単に高いだけではありません。高額な金額を出すだけの価値がある事も忘れてはいけません。

もちろん、自分自身の肌や生活リズムに適しているかは別の話です。だから事前の無料カウンセリングがあります。しっかり話を聞いて決めるようにしましょう。

高く感じても、10年単位で見たら本当に高いか?お得か?それで良かったか?を考えるのが大事なポイントになります。

ところで、医療脱毛や脱毛サロンって本当に高いのでしょうか?

トータル金額や勝手なイメージが先行していますが、年月から計算すると、意外と安かったり、信じられないほどお得な可能性があります。

表面的な料金だけを見て「医療脱毛で永久脱毛」を諦めているなら、勿体ないですよ。

では、驚きの金額差をみてみましょう。

これを知ると、永久脱毛に対するイメージが変わるかもしれません。

⑤医療脱毛(実はコレが一番安い!?)

ご存知な方も多いと思いますが、医療脱毛の中には安くて良いクリニックがあります。

例えば、「フレイアクリニック」では、月々5,400円、計5回で15万8千円と驚きの安さを実現しています。永久脱毛でこの値段超人気の有名なクリニックです。

しかも痛みが少なく褐色肌でもOKなので、金額だけでなく、幅広い層に人気となっています。ちなみに、東京、横浜、名古屋、大阪、福岡、那覇にあります。

除毛クリームを5年間続けるのと金額が変わらず、永久脱毛が出来ます。だから5年と言わず、10年、20年とさらに長い年月で考えると、一番安上りな方法と言えます。

医療脱毛が安い

高額だけど、実は高くない。

これを知った上で、自分に一番適したムダ毛処理の手段を見つけると良いですね。

医療脱毛とエステ脱毛の違いは!? ここ最近、エステ脱毛から医療脱毛に乗り換える女子が増えているのを知っていますか?その理由として、3つの原...

④脱毛サロン(お肌ケアにハマる人続出)

医療脱毛は医療用のレーザー脱毛を使用して脱毛を行う医療行為になります。特殊な波長を持つ光を毛根に照射し、毛根に含まれるメラニン色素に反応させ、毛乳頭を破壊する脱毛方法がレーザー脱毛です。

これは医療行為ですので、医師や看護師の常駐する病院やクリニックでしか使用が認めれれていません。

その一方で、脱毛サロンは、エステティシャンによる光脱毛が主流で、医療用のレーザー脱毛に比べて出力が穏やかなので、肌への負担が少ないと言われています。ちなみに、一時的な減毛・抑毛効果で永久脱毛ではありません。

それなら、「脱毛サロンより医療脱毛の方が良い!」と思っちゃいますね。

でも、そうとも言い切れません。

脱毛サロンは「お肌ケア」が評判です。医療脱毛での永久脱毛は憧れるけど、月々3千円ほどで美肌になり親切丁寧にお手入れをしてくれる脱毛サロンの魅力にハマってしまう人は後を絶ちません。

脱毛サロンは「銀座カラー」「KIREIMO」が圧倒的に人気です。

脱毛サロンの良さ

③家庭用脱毛器(新型コロナで注目)

医療脱毛や脱毛サロンに通いたいけど、新型コロナウイルスの感染が気になって、行くか迷っているという方もあるでしょう。

そこで人気が急上昇しているのが家庭用脱毛器です。金額は4万円から~7万円ほど。自宅に居ながらサロン並のムダ毛処理が出来ると話題になっています。考え方にもよりますが、「結局コレが一番安上りじゃん」という人も多いですね。

実際に「家庭用脱毛器 ケノン」は2020年の上半期でYahooショッピングで総合売上1位になり、コロナの影響で多くの人が家庭用脱毛器を買ったのが分かります。

家庭用脱毛器ケノン

口コミを見ると、「買って良かった」という声が多い中、「痛かった」との声もあります。

その使用感は個人差があるようですが、「家庭用脱毛器 ドクターエルミスゼロ」は照射レベルの自動調整機能付き痛みが少ないと評判です。

ちなみに「ケノン」は69,800円で、「ドクターエルミスゼロ」は49,800円です。

②除毛クリーム(一番手頃かも)

脱毛サロンも医療脱毛に通いたいけど、今のタイミングでは新型コロナが気になる。とは言っても家庭用脱毛器も自分の肌に合うか不安で決められない…。

その気持ちも良く分かります。当然ですよね。

思い切って決断も大事ですが、モノを購入する時は慎重に考える事も大事です。慌てる必要はありません。だって、ムダ毛との戦いは、この先ずっとだから。1年後も5年後も、10年後も、きっと20年後も続くのです。

悩むなら時間をかけて、自分のベストを見つけてみましょう。

この状況では、「除毛クリーム」「カミソリ」が残りますね。余計なお金をかけずにカミソリで剃るのも適切な判断と言えます。

でも、お肌の事を考えるなら「除毛クリーム」が安心です。除毛クリームと言っても色々な種類があり、安いモノ、高額なモノと幅が広いです。

また、単品で買う、定期便で買うと分かれます。もし継続して使ってみるなら定期便で買う方が絶対にお得になるので、おすすめと言えます。

子供の脱毛、パイナップル豆乳除毛クリーム

これは私の経験談ですが…

単品で買うと、節約して使いクリームを薄く塗ってしまう場合があります。この使い方をすると効果が半減するので要注意。

1ヶ月に1度のペースで使うなら定期便にしましょう。

また、除毛クリームは肌に合わない場合があるので、スーパーやドラッグストアで買うよりもネットで「肌に合わない場合返品OK」のメーカーを選ぶのが安心です。商品が届いたら、使用前のパッチテストは絶対にしておきましょう。

おすすめは「パイナップル豆乳除毛クリーム」です。子供の肌、敏感肌にも使えますよ。

①カミソリで剃る(一番の節約)

やっぱりカミソリは自宅で手軽に出来る大きなメリットがあります。カミソリとシェービング剤があれば入浴ついでに簡単に出来ますね。

ところで、カミソリで剃ると毛が太くなるって聞いた事はありませんか?

この話はよく耳にしますが…

実際には、カミソリで剃って毛が濃くなることはありません。毛は毛根に近いほど太く、その太い部分を剃ると断面が大きく見え毛が太く見えるのが答えです。

カミソリでの正しい剃り方

カミソリで剃る場合、どうしても皮膚にダメージを与えてしまう可能性があります。また、生え始めがチクチクしたりするデメリットがあります。

もしカミソリでする場合は、せめて部位ごとにあったカミソリを使いましょう。

例えば、手足のムダ毛には、刃の幅が広い3枚刃のT型カミソリを、ワキなどのデリケートな場所にはI型カミソリを使いましょう。

ただし、ワキをカミソリで処理をすると摩擦などの刺激でメラニンが生成が促され色素沈着の原因となり黒ずみを生む可能性があるようです。このリスクは知って行うのが良いですね。

では、ここで正しい剃り方を紹介します。

①皮膚を温めて柔らかくする
②シェービング剤を塗り抵抗を少なくする
③毛の流れに沿って剃る
④毛が短くなると流れに逆らって剃る
⑤洗い流し冷却する
⑥保湿をする

ムダ毛処理には色々な手段があります。

大切なお肌なので、節約も大事だけど、出来るだけお肌目線で決めて行くようにするのが望ましいですね。

【まとめ】ムダ毛処理には何が一番おすすめ?

ムダ毛処理には5つの方法があります。

①カミソリで剃る
②除毛クリームを使う
③家庭用脱毛器を買う
④脱毛サロンに通う
⑤医療脱毛で永久脱毛

一番安上りで節約になるのがカミソリで剃るになりますが、どうしても肌荒れのリスクが生じてしまいます。

脱毛サロンや医療脱毛は20万~40万と高額ですが、期間から逆算すると意外と高くないのが分かります。価値観も違いますね。

特に永久脱毛が出来る医療脱毛の「フレイアクリニック」は月々5,400円、計5回で15万8千円は有名で圧倒的な人気です。お肌ケアで評判の脱毛サロン「銀座カラー」「KIREIMO」が人気です。

しかし、新型コロナの影響で自宅で…という人も多く「家庭用脱毛器 ケノン」は2020年の上半期でYahooショッピングで総合売上1位になっています。

同じ家庭用脱毛器では、「家庭用脱毛器 ドクターエルミスゼロ」は照射レベルの自動調整機能付きで痛みが少ないと評判で、値段も4万9800円と安い。

医療脱毛も脱毛サロンも、家庭用脱毛器も…、何が良いか決められないという方は気軽に自宅で出来る除毛クリームが良いですね。特に「パイナップル豆乳除毛クリーム」は子供の肌、敏感肌にも使え、本当におすすめです。