瞬間接着剤の落とし方!服についた染み抜きのコツは?

もし役立つ内容なら「シェア」して下さいね!

瞬間接着剤

瞬間接着剤の染み抜き

瞬間接着剤のシミは難しいです。完全に落とそうと思えば、相当な根気が必要です。除光液でゆっくり剥がして行くのですが、これがなかなか落ちません。

途中でイライラして焦ると、生地が裂けて破れてしまう可能性もあります。とにかく服に付くと厄介なシミです。

しみ抜きの目安!手ごわそう

⇒ 染み抜きが面倒な方は「プロ用染み抜き剤」を買うと便利!

応急処置方法

粘着系のシミ(瞬間接着剤、ボンド、のり、シールなど)は除光液が効果的です。スグに揮発してしまいますが、何度も繰り返す事でキレイに落ちる場合が多いです。出先で粘着が衣類に付いてしまった場合は、100均などでも除光液(アセトン入り)は売っている場合があるので、探して見ても良いでしょう。



瞬間接着剤のしみ抜きに使うもの

「除光液」
アセトン入りを使う。アセテートには使用不可

「台所用洗剤」
普段の食器洗いで使っているものでOKです。

「液体タイプ酸素系漂白剤」
塩素系は× 酸素系を使います。

「セスキ炭酸ソーダ」
アルカリ剤です。これでパワーアップ!

「クエン酸」
最後に酸性でアルカリを中和します。

※【重要】シミ抜きに使う洗剤の詳細&シミ抜きの注意事項について

瞬間接着剤

瞬間接着剤の染み抜き方法

シミ部分に「除光液」をかけ、スプーンの背の部分をヘラのようにしてゆっくり擦りましょう。焦ってはいけません。ゆっくり、何度も繰り返します。慌ててやってしまうと、生地が裂けて破れてしまう場合があります。このケースが非常に多いです。

もし除光液で8割~9割ほど落ちて、あと少しだけ取れないと言う場合は、「台所用洗剤」をつけ、少しトントンしてみましょう。まだシミが残っていたら次のステップに進みます。

シミが残っていたら、そこに「セスキ炭酸ソーダ」をふりかけ、更にシミ部分に「液体の酸素系漂白剤」を大さじ一杯分ほどかけます。

慎重に染み抜き

セスキ炭酸ソーダはアルカリ剤です。酸素系漂白剤にアルカリの力を加え、パワーアップさせ、更に熱を加えます。ここでドライヤーでもOKですが、コップに熱湯を入れ、シミ部分にゆっくりかけ、5分~10分ほど放置させるのが楽ちんでおすすめ。

最後に、アルカリが残ったままだと衣類を痛めてしまうので「クエン酸水」をシミ部分に流し込み中和します。

しみ抜きはココで終了ですが、シミが残っていたら、セスキ炭酸ソーダを再びかけ、同じ作業を繰り返してみましょう。もしシミが取れていたら、洗濯機で洗うようにして下さい。

シミの難易度

【重要ポイント】

家庭でのシミ抜きは、やってみると意外と簡単に感じる場合が多いと思います。特にここで紹介のシミ抜き方法は幅広く様々なシミに対応出来ます。

慣れている方は「落とせる」「これ以上はダメ」と引き際が分かるので問題ありません。しかし、不慣れな方は「やりすぎて生地を傷める」ケースが多々あります。

もしも、難しいと感じる場合は、無理をせずクリーニングに出しましょう。

普段からシミ抜きにチャレンジしていると、数ヵ月先にはクリーニング店を利用する回数がグッと減ります。

クリーニング店はシミ抜き無料の宅配クリーニングがおすすめです。

しみ抜き無料の宅配クリーニング

◆おすすめ宅配クリーニング
<送料無料><シミ抜き無料>

▼宅配クリーニング「ラクリ」

▼宅配クリーニング「リネット」

▼宅配クリーニング「リコーベ」

宅配クリーニングおすすめランキングはこちら
【厳選】宅配クリーニングおすすめランキング 「安心して出せるクリーニングは?」「安い宅配クリーニングは?」そんなことをネットで調べたことは...