知らないと怖い!? 保管クリーニングの正しい選び方&おすすめ情報

もし役立つ内容なら「シェア」して下さいね!

保管クリーニング

保管クリーニングの正しい選び方&おすすめ情報

クリーニング店の保管サービスを利用した事はありますか?この保管サービスは利用するお客だけでなく、クリーニング店にとってもメリットの高いサービスです。

色々と保管の店はありますが、おすすめはこの3つ。

ポニークリーニング
宅配クリーニング「LACURI」
リネット保管

保管サービスのメリットとは何か?

保管は利用するお客のメリットは何か…

それは、もちろん冬服などを厚手のコート類をクリーニング店で預かってくれるので、自宅のクローゼットがパンパンにならないことが第一ですね。

また、衣類を最適な環境で維持できる利点もあります。

自宅のクローゼットは意外と虫食いが多いんです。特にカシミヤのコートなどは、穴が開いていなくても、虫の歯型、虫が歩いた跡をよく見かけます。

コートの虫食い

防虫剤は入れているだけでは効果がありません。

密閉した空間で、衣類をギューギューにすることなく入れて効果が出ます。「知ってる」と言われそうですが、防虫対策は出来ていないケースが多いのです。

更に、洗わず汚れが残っていた場合、その残った汚れ湿度でカビが生えることもあります。大切な服なら、クリーニングに出すだけでなく、大切に保管する必要があります。

だから、適正なクリーニング+保管は、安心なのです。

保管クリーニングの安心できる環境

リネット保管

例えば、リネット保管 の場合、衣類の管理に適した温度20°C以下・湿度60%以下を基準に管理され、カビの発生を抑止されています。

また、外部から埃・塵・虫などが浸入しないように、また遮光による紫外線ダメージも防止されています。

<高評価!保管クリーニング3選>
ポニークリーニング
宅配クリーニング「LACURI」
リネット保管

裏話!クリーニング店の「保管」事情

春頃になると街中でクリーニング店の前を歩くと「保管サービス」の文字をよく見かけます。保管サービスを実施するクリーニング店が年々増えています。

これには理由があります。

その理由は、保管はクリーニング店側にとってもメリットが多いから!

クリーニング店は春になると繁忙期に入ります。この時期(3月下旬から4月、5月)は、クリーニング店の一番忙しい時期で、工場は衣類で溢れ、人手も足りません。

そんな中での保管は本当に有難い。

保管は急ぎではないので、スグに洗って仕上げなくても大丈夫。つまり、保管で預かった衣類は閑散期(忙しくない時期)の7月、8月に洗うことも出来ます。更に、通常料金に加え、保管料金も頂けるので売上もアップします。

要するに、クリーニング店にとって保管はメリットが高いのです。

【重要】知らないと怖い!保管クリーニングの注意点

先ほど、「クリーニング店にとって保管はメリットが高い」と説明しましたが、ここがクリーニング店選びの重要なポイントとなります。

なぜなら、衣類に適した環境出ない場所で、万一でも数ヵ月もの間、放置状態になっていたら、自宅に置いている方が良いからです。

良心的な店の例を見てみましょう。

例えば、保管サービスで評価の高い ポニークリーニング の公式サイトを見ると、「洗浄前の保管」について明記されています。

(ポニークリーニング公式サイトより添付↓)

洗浄前の保管??

って感じた方もあると思いますが、ココは盲点ですが、とっても重要です。考えてみて下さい。クリーニング工場には色々な人の衣類が集まります。

他人の衣類と洗う前の状態で、一緒になって、数ヵ月そのままの状態になっていたら、虫食いとか気になりますし、そもそも衛生面でイヤですよね。(スグに洗ってくれるなら何も問題はありません)

もちろん、きちんとしているクリーニング店が大半と思いますが、そうでない店が存在しているのも事実です。

【Point!】

保管クリーニングを出す場合は、信頼できる店を見極めるのが大切です。店頭や公式サイトの情報は必ず確認しておくのがおすすめです。

宅配クリーニングが安心な理由

「知らないと怖い!」と少しギョッとする言葉で保管クリーニングの注意点を紹介しましたが、宅配クリーニングの場合は、ほぼ問題ないかもしれません。

なぜなら、顧客単位で洗浄前保管をしている場合が多いからです。とは言っても、検品をした後、他のお客さんの服と一緒にドライ袋に入れて保管しているケースもありますので、一概には言えませんが…。店頭で出すより安心感があります。

※きちんとしている店は店頭受付でも何ら問題ありません。

もし、心配なら個別洗いの店を選びましょう。

個別洗い、宅配クリーニング

個別洗いとは、お客さん単位で洗ってくれる究極のサービスです。この個別洗いは高額な場合が多いのですが、宅配クリーニング「LACURI」 はお得です。

ただし、この「LACRI」の注意点は人気で混み合います。その為、早い段階で保管の受付を終えてしまう場合があるので気をつけましょう。

<高評価!保管クリーニング3選>
ポニークリーニング
宅配クリーニング「LACURI」
リネット保管

【まとめ】保管クリーニングの正しい選び方&おすすめ情報

クリーニング店の保管サービスは便利です。クローゼットがパンパンにすることもなく、冬服などの衣類に最適な環境で次のシーズンまで預けることが出来ます。

自宅のクローゼットだと、ギューギューになってしまったり、防虫剤が切れていたり、密閉出来ておらず効果が無く虫食いが起きてしまう事もあります。

また、湿気でカビが発生していたり、着用したまま洗わずクローゼットに入れてしまい襟元などの変色も良くある事例です。

クリーニング重要

保管クリーニングのお店の選び方

そこで、クリーニングに出し、保管サービスを利用する場合、クリーニング店はきちんと選んで利用したいものです。

そもそも保管はクリーニング店にもメリットがあり、春の繁忙期でなく、閑散期に洗えるので、出来るだけ受注したい店が多いのです。

でも、私たち消費者が気を付けたいのは、そのクリーニング店の保管の仕方、仕組みがきちんと出来ている、洗う前の状態の管理がキチンと出来る店かを見極めたい。

<見るべきポイント>

●保管環境がキチンとしている。
●洗浄前の環境もキチンとしている。
●スグに洗ってから、保管している。
●個別洗いである。

基本的に保管の場合は、店舗に出すより宅配クリーニングの方が安心できる場合が多いですが、それも店によってやり方は様々ですので、一概には言えません。

保管クリーニングとして、以下の3店舗は評価が高いので、参考にしてみて下さい。

ポニークリーニング
宅配クリーニング「LACURI」
リネット保管