冬物クリーニング料金の安い時期?上手なクリーニング店の利用方法

もし役立つ内容なら「シェア」して下さいね!

クリーニング料金が安いタイミングは?

皆さんはクリーニング代に年間いくらほど使っていますか?できるだけ自分で洗っていると言う方もあれば、毎月1万円以上使っていると言う方もあるでしょう。

と言う事で今回は…

クリーニングは、何月に出せば安くてお得か?

そんな話を紹介しましょう。

クリーニング屋さん

さて、クリーニングは

何月に出すのが…

一番お得でしょうか?

それは「春」と感じた方は

正解です。ただ… 4月より、3月です。



冬が終わり暖かくなると、コートダウジャケット布団毛布などクリーニングに出したくなりますよね。

冬物のクリーニングです。でも…

実は…4月より
3月の方が値段も安く
品質も良い

場合が多いです。

もちろん、一概には言えませんけど…。

その次は6月、7月、8月、11月、12月に安くなる可能性が高いです。
(4月より、5月後半以降がお得な場合が多い)

※店によって異なります。
※チェーン店の方が割引サービス率が高い。

意外と知らない人が多い!年中お得な宅配クリーニング

意外と知らない人が多いのですが…

実は、宅配クリーニングを利用すれば、年間を通してお得な場合が多いので、この点を頭に入れておくと便利でしょう。

なぜなら…

宅配サービスは店舗経費がかからないので、その分サービス面で還元できるからです。

染み抜き無料のクリーニング店

<染み抜き無料の宅配クリーニング>
染み抜き無料・送料無料
● 「リネット」 1点から利用OK
● 「ホワイト急便」 ダウンが安く出せる
● 「フランス屋」 低価格で高品質
● 「プラスキューブ」 仕上がりが美しい
● 「ポニークリーニング」 保管サービス付

とは言え、宅配クリーニング専門店は季節に応じたセールはあまりしていません。それなら「宅配より店舗に出す方がお得?」と言えば、そんな事もないのです。

基本的に、安売りで数を集めるのではなく、お客さんが大切にしている服を、より長く着用できるようにキレイに洗ってメンテナンスする。

そんな考えで受けているのが、宅配クリーニングになります。

宅配クリーニングはサービス重視

つまり、値段ではなく、品質面でグレードをあげている場合が多いのです。例えば、染み抜き無料などはその一つになります。

要するに、大切な服は宅配クリーニングがおすすめなのです。

※無料染み抜きは、特殊なシミに関しては無料サービスでないのが通例です。
※車で集配して地域をまわる集配サービスは、ここでは異なります。

では、店舗のクリーニング店に話を戻しまょう。

※ここでの情報は経験に基づく個人的見解です。全ての店に該当するわけではありません。一つの参考として頂ければと思います。

クリーニングが安くなる時期とは?

店舗のクリーニング店を利用する場合…

セールなどの販促によって店ごと様々。でも特にチェーン店の場合は3月上旬ダウンやコートが安くなる可能性が高いのです。

特にダウンやコートの50%OFFなどが出てくるのは3月上旬が多いでしょう。

更に4月より3月の方が圧倒的に品質が安定しています。シミの見逃しシワシワ乾燥不足なんて事が起きにくいのです。

なんで?クリーニング

クリーニングの3月と4月、一体何が違うの?

3月末~4月は桜の咲く季節。この頃はクリーニング店が急激に忙しくなる繁忙期。放っておいてもお客さんが来る時期です。

しかし、3月は寒い日が多く、忙しくなる前に当たります。

厳密に言えば、桜が咲いた3月末頃から急に忙しくなります。要するに3月中頃までが一番クリーニングに出すのに最適な時期と言えるでしょう。

●ダウンが安い宅配クリーニング

季節を考えず年間を通してダウンを安くクリーニングに出す方法もあります。

一般的にダウンコートなどダウン製品のクリーニング代1着で3,000円以上ですが、宅配の「ホワイト急便」の10点コース(保管なし)を利用すると1着が1,000円以下となります。

このコースでは、衣類を10着だせ、そこに高額のダウンも入れるとお得ってワケ。

ホワイト急便は、全国に店舗がある日本を代表するクリーニング店の一つで、低価格で安定した品質が特徴です。特に宅配は管理が良いと評判で、自宅で出せ、自宅で受け取れる事から、羽毛布団など寝具の宅配クリーニングも人気です。

知っておくと、便利ですよ。

3月中旬頃の利用がお得かも!

3月末~4月・5月になると、クリーニング工場には信じられない程の衣類が集まります。この時期は次から次に入荷するので、工場がパンクするほど衣類だらけになります。

例えば…乾燥機はフル稼働でも間に合わなく、時間を短縮して乾燥不足が起きる。しみ抜きはどんどん溜まり、見落としが起きる。仕上がった商品の置き場に困り、ギューギュー詰めで収納してシワが起きる。

総合して品質が低下するのです。これが4月の繁忙期によくあるケースです。

クリーニングお得時期、ダウン

だから3月中旬頃にクリーニングに出すのがおすすめです。

暇な時期に単価の高いダウンやコートを先に集めようと考えるのは一般的な考え方。ただ個人店より、チェーン店の方がビジネス的な動き方をしているケースが多いので、割引などの販促はチェーン店の方が期待できます。

ダウンのクリーニング料金が安いのは? クリーニング料金って実際に出すと「思っていたより高かった」って感じることってあるますよね。特にコート...

特に会員制度のある店の場合は、DMハガキが届く場合も多いですね。近所に気になるクリーニングのチェーン店がある場合は、あらかじめ会員になっておくと良いでしょう。
※(ただし販促は店によって、またその年によって変動する場合が多いです)

店舗を利用の場合、一概には言えませんが、出来れば忙しい4月・5月は避けましょう。(5月中旬からセールする店も多いようです)

そして工場から商品が減り始める6月に、クリーニング店は再びセールをする可能性が高いです。その時期も狙い目ですね。

勝手な考察ですが…

1月・2月は売上が下がる時期、セールの効果も薄いのでキャンペーンは少なめ。

3月中旬~下旬、割引セールに期待。ダウン・コートなどが安くなるかも。

4月・5月、割引セール多い。この時期に出すなら、翌日仕上げの店を利用すべし

6月、割引セール、布団、毛布の割引があるかも。撥水キャンペーン

7月・8月は、売上の下がる時期。突発的な広告のチラシが入りやすい。水洗いキャンペーン

9月・10月・11月は、会員DMが多い時期かも。

12月は「クリスマスキャンペーン」で割引セールがあるかも。

特に3月~6月、9月~12月は会員になっているとDMハガキ(割引)が届きやすい時期です。だからキャンペーンを上手に利用したいのであれば、近所にあるチェーン店のクリーニング店会員になっておくことをお勧めします。(会員制度の内容によって異なる)

3月~6月、店舗にクリーニングを出したら、出来るだけ早く引き取るようにしましょう。その方が品質が良い(店がギューギューになる)。クリーニング店の方も助かります。

チェーン店は品質がイマイチ?

チェーン店は品質がイマイチ…

なんて言う方もありますが、そんな事はありません。むしろ、最近では個人店よりチェーン店の方が低価格で品質が高いとも言われています。

理由は、資金力のあるチェーン店の方が設備が良いから。またパートさんや従業員さんも多く、人員的にも効率が良いと言えるでしょう。

クリーニングのチェーン店

チェーン店=パートさんの仕上げ、個人店は職人さんの仕上げ。

職人さんの方が品質が良い。パートさんに染み抜きやプレスが出来ない。そんな事を言う人がいますが、そう思うなら個人店さんに出してください。

それは本人の自由です。

ただ、実際は今の最新の技術は、パートさんが職人さんを超える品質でプレスできる仕上げ機が沢山あり、染み抜きもネットの普及した今は情報が共有され、特殊なモノを除き、技術は個人店もチェーン店も大差ありません。

実際にクリーニング業界にいた者(クリーニング師)の個人的な視点として…

チェーン店の方が、仕上がりも早く値段も安い。また品質も良い。これからの時代は個人店よりもチェーン店の方が利用価値が高いように感じます。

クリーニング、仕上がりの早い店

個々の技術だけを見ると、もちろん職人さんの方が上ですが、パートさんでも職人さんに負けない機械仕上げ、職人さんに負けない染み抜き剤があるのです。

クリーニング業界だけでなく、どの業界も同じですが、そのような時代になったということ。

個人店の場合…

染み抜き料金など、驚くような金額の場合が多い。だから、特殊なシミ以外は、経済的な目線で、あまりお勧めしていません。

ただし、普通のクリーニング店では落とせない特殊なシミ(毛染め、広範囲のカビ、変色、広範囲のインクや塗料などは、染み抜きを専門とした個人店がおすすめです。

仕上がりの早い店を選ぶべき理由

3月末~4月上旬にクリーニングを出す場合、絶対に気を付けるべき注意事項があります。とっても重要な事を書きます。

クリーニング重要

それは仕上がりの早い店に出すべき(仕上がりの早い店を選ぶべき)ということ。

×仕上がりが早い=適当に洗っている
この考えは間違いです。

家庭での洗濯を思い出して下さい。

衣類を洗って乾かす、乾燥機があれば家庭でも3時間ほどでOKではないでしょうか。厚手のコートなど乾燥に時間がかかっても1日あれ十分でしょう。(皮革製品・合皮は除く)

だから、逆に仕上がりまで1週間なんて店は逆に考えもの。

※宅配クリーニングは配送の時間もあるので1週間は普通にあります。

ハッキリ言います!

忙しい時期に早く仕上げれる回転の良い店ほど、管理が良くてキレイです。清潔です。

繁忙期と呼ばれている3月、4月、5月はクリーニング工場は大量の衣類で埋め尽くされます。それが意味すること、分かりますか?

この時期にこそ、クリーニング店の本当の実力が見られるのです。

あくまで可能性ですが…

商品が多く集まる時期に仕上がりが遅いと、クリーニング工場に多くの服で溢れます。

入荷数(お客さんの持ち込み衣類)は増える、でも出荷数(クリーニングが終わって仕上がった衣類)が追い付かない。

つまり…

その結果、紛失品質の低下ブランド品が汚い作業着と一緒の袋に入っていたり、長いこと洗わず多くの服と一緒にドライ袋に入れたっまで起きる虫の発生&虫食いなど

消費者の見えない場所で色んな事が起きてしまう可能性があるということ。

宅配クリーニングおすすめ、仕上がり

もちろん、きちんとやっているクリーニング店が大半です。

しかし、忙し過ぎると、悪意が無くても起きる可能性があるということ。工場内の状況は見られませんので、溶剤(液体)管理など不透明な所って気になりますよね。

※溶剤管理が悪いと逆汚染が起きます。
要するにドライクリーニングは溶剤で洗っていますが、溶剤の管理が悪いと、洗うことでより汚れる場合があるのです。クリーニング後にイヤなニオイがしたら、溶剤管理が悪い可能性があります。

溶剤管理が悪く、クリーニング後の衣類から、イヤなニオイがするなんて、殆ど考えられませんが、でも…信じられませんが、過去にそのような店は存在してたことがあります。

だから、早く仕上げる事を前提としている店が管理がよく安心と言う意味です。

だからこそ、忙しい時期に出すなら、3日以内に受け取れる管理力のある店がおすすめ。そしてクリーニング後に受け取った時に、問題を発見した時に、即対応してくれる店であれば、そこで「お得にクリーニングに出せた」と言えるでしょう。

宅配クリーニングを利用する場合も、お急ぎ便がある店を選ぶのが安心です。

宅配クリーニングおすすめ4仕上がり

知らないと怖い!? クリーニング店の選び方

家庭染み抜きはシミの度合いや衣類の素材によって失敗をするリスクもございます。難しいと感じる場合は無理をせずにクリーニング店に依頼しましょう。

ただし、クリーニング店を利用する場合、技術面以上に気を付けるべきは衛生面です。

クリーニングおすすめポイント

例えば、店舗レジ周辺などにホコリが多い場合、お客さんが見えない部分(工場・仕上がった商品の管理)などが少し気になります。

また、店舗の中を見て洗う前の衣類(お客さんから預かったクリーニング前の衣類)と、仕上がった衣類(クリーニング後の衣類)の距離近い場合は要注意。

宅配クリーニングおすすめ3衛生面

もちろん、一概には言えません。

でも、私は洗う前の衣類とクリーニング後の衣類の距離が近い店は気になります。

だって、洗う前の服はどんな服か分かりません。そこからダニなどがクリーニング後の服にやって来る可能性はゼロではないでしょ。

気にしない方は問題ありませんが、気になる方は、このような点も見て店舗を選ぶと良いでしょう。クリーニング店は清潔で管理のしっかりした店を選ぶのがおすすめです。

もし近所に適切な店がなければ…

日本全国で利用出来る「宅配クリーニング」を利用してみては如何でしょうか。宅配クリーニングを利用するなら、送料無料・染み抜き無料の店を選びましょう!

<染み抜き無料の宅配クリーニング>
染み抜き無料・送料無料
● 「リネット」 1点から利用OK
● 「ホワイト急便」 ダウンが安く出せる
● 「フランス屋」 低価格で高品質
● 「プラスキューブ」 仕上がりが美しい
● 「ポニークリーニング」 保管サービス付