【実践】炭のシミの落とし方!染み抜き方法は固形石鹸でゴシゴシ

もし役立つ内容なら「シェア」して下さいね!

炭のシミの落とし方

バーベキューなどをした時、うっかりと炭で黒いシミをズボンにつけてしまった場合はどうしたら良いのでしょうか?答えは簡単で、泥や炭のシミは固形石鹸が最も効果的に落とす事が出来ます。

もちろん、ここで台所用洗剤を使用しても大丈夫です。ただ、やっぱりここは固形石鹸が若干落ちやすそうに感じます。実際はそう大差ないのかもしれませんが…

炭のシミ

さて、固形石鹸を使用する場合、この網があると便利。よくミカンなどが入ってる網と同じヤツになりますが、これは百均でも販売されています。

炭のシミ

何が良いって、ゴシゴシしやすく、汚れも良く落ちます。もちろんデリケートな衣類にはできませんが、炭や泥の汚れにはこの方法がおすすめです。

炭のシミ

2~3分もすれば、随分とキレイになってきました。

炭のシミ

完全に落ちたかと言えば、まだ若干残っているようにも感じますが、殆ど分からなくなりました。如何でしょうか?

炭のシミ

もし、まだ残っていると気になる場合は、さらにゴシゴシを続けると、その汚れはより落ちると思いますが、途中で全く落ちなくなったと言う場合は、この固形石鹸で汚れを取って行くのに限界が来たと考えて良いでしょう。

<スポンサーリンク>


その場合は使い洗剤を変えてみましょう。ここで一度、台所用洗剤を使ってみても良いと思いますし、この時点で酸素系漂白剤を取り出して、漂泊のシミを行っても良いですね。

炭のシミ

このように炭や泥のシミは家庭で落とすことが出来ます。今回紹介した事例はシミが落ちやすかったですが、常にこうとは限りません。よくある傾向としては、7割ほどは簡単に落ちるが、残り3割ほどがなかなか落ちないと言うケース。

薄くはなるけど、完全に落ちないと言う場合が多い。その時は漂白のシミ抜きで温度を上げてやる事で落ちる場合が多いですが、家庭では落ちないシミになってしまっている場合もあります。これはやってみないと何とも言えませんが、無理をして生地を傷めないように注意しましょう。

シミの難易度