(スポンサーリンク)

ペンキのシミの落とし方!服についた染み抜きのコツは?

もし役立つ内容なら「シェア」して下さいね!

ペンキのしみ抜き

ペンキの染み抜き

ペンキは服に付いてしまったら簡単には落とせません。完全に落とせなくとも、頑張ってやることでシミを薄くさせる事は出来る場合もあります。ダメもとでやってキレイに落ちるケースもありますが…。リケートな衣類の場合はクリーニング店に出した方が良さそうです。

しみ抜きの目安!無理かも

応急処置方法(油性インク)

油性インクの場合は特に有効的な応急処置方法はありません。油性は速乾性があるためです。もちろん乾く前であればシミは落ちやすいです。これは水性も油性も関係なく全てのシミに入れる事です。

とは言っても、シミは早い方が落ちやすいので、もし油性インクが付いてしまった場合は、除光液など使ってみるのが一番効果的でしょう。

在宅ライター募集!

このサイトはクリーニング師の資格を持つライターが作成しています。在宅ライターは自分の得意とする分野の記事を自分のリズムで書き、パソコンがあれば自宅でなくともカフェや旅行先など場所を選ばず、また好きな時間に仕事が出来ます。

ただ、ライター業は低単価な仕事はおすすめ出来ません。仕事は絶対に選んだ方が良い。単価の高い仕事を得る為には、経験を積む審査を受けて自分をPRするかです。

趣味の延長や仕事で携わって来た事など「私はこの分野には詳しい」と言うものがあれば、ぜひ【プラチナライター】ライター業に挑戦してみませんか?まずは副業から始めてみても良いでしょう。本腰を入れてやるなら30万円以上稼ぐ事も可能です。

私はクリーニング会社で働いた経験を活かしライターとして活動しています。

ペンキのしみ抜きに使うもの

「アルコールジェル」
応急処置にも使えて便利です。

「消毒用エタノール」
油性インクに有効的ですが、そう簡単ではない。

「除光液」
アセトン入りを使う。アセテートには使用不可

「ベンジン」
頑固な油性シミに。火気厳禁です。

————————————————–

「液体タイプ酸素系漂白剤」
塩素系は× 酸素系を使います。

「セスキ炭酸ソーダ」
アルカリ剤です。これでパワーアップ!

「クエン酸」
最後に酸性でアルカリを中和します。

ペンキの染み抜き方法

油性インクの染み抜きは、台所用洗剤は殆ど効果がありません。これも若干の効果があるばあいもありますが、「アルコールジェル」「消毒用エタノール」「除光液」が効果的です。効果的と言っても、期待通りに落とせるかは何とも難しい所です。

例えば、シミ部分に除光液を直接つけて、歯ブラシでトントンと浸み込ませましょう。スグに揮発(キハツ)しますが、何度も何度も繰り返しましょう。少しでも薄くなり出したら効果的です。根気勝負です。

ここでは「アルコールジェル」「消毒用エタノール」「除光液」のどれが最も効果的かは分かりません。また「ベンジン」を使う手もありますが、染み抜きの為にわざわざ購入する程でもないでしょう。

ベンジンなど使う場合は火気に気を付け、また風通しの良い場所で行うようにして下さい。除光液はスカートの裏地などに使われているアセテート、トリアセテートなどの素材を溶かしますので、この素材には使用できませんので、気を付けて下さい。

インクのシミ抜きの注意点

シミが落ちず次の手段としては、ダメもとで「セスキ炭酸ソーダ」をふりかけ、更にシミ部分に「液体の酸素系漂白剤」を大さじ一杯分ほどかけます。

セスキ炭酸ソーダはアルカリ剤です。酸素系漂白剤にアルカリの力を加え、パワーアップさせ、更に熱を加えます。ここでドライヤーでもOKですが、コップに熱湯を入れ、シミ部分にゆっくりかけ、5分~10分ほど放置させるのが楽ちんでおすすめ。

最後に、アルカリが残ったままだと衣類を痛めてしまうので「クエン酸水」をシミ部分に流し込み中和します。

漂泊のしみ抜きは1度では効果が低いです。面倒ですが同じ作業(少なくとも4~5回)を繰り返してみましょう。インク系のシミは根気勝負です。注意点は衣類の耐久性。諦めも肝心です。しみ抜きが終わったら、最後は洗濯機で洗い直しましょう。

シミの難易度

<スポンサーリンク>


Q.どんなクリーニング店が良いの?

街中を歩けば必ずと言って良いほどクリーニング店を必ず目にします。技術や管理、また値段、対応力、信頼度など店によって異なります。 クリーニング業界で数年前まで「個人店は値段も高いが技術が良い」「チェーン店は値段は安いが技術が低い」と言われていた事がありました。しか最近は違います。

そんなクリーニング店の見極めポイントを紹介しましょう。


クリーニング店の上手な選び方

Q.チェーン店or個人店?

クリーニング店のHPに「当店は一点一点、丁寧に手仕上げしています」とあります。確かにそこを重視しているこだわり店もあります。しかし実は資金力。最新の仕上げ機は人間の手仕上げより早くてキレイです。資金力ある大手チェーン店は最新の設備を持っています。

また「個人店は技術が高く、チェーン店はパートさん中心だから品質が悪い」そんな事を耳にすることもありますが、これは違います。そのような店も存在するかもしれませんが、ベテランのパートさんの実力を舐めてはいけません。

ヘアカラーのシミを落とすなど、特殊な染み抜き技術ある個人店を除けば、大手のチェーン店の方が、設備が充実し、品質が高く、価格も良心的な場合が多い。またトラブルの際の対応力に関しても全く違います。

Q.クリーニング店の見極め方は?

お客様の大事な服を預かる仕事。そしてキレイにしてお返しするのがクリーニングの本業です。清潔でない環境はあり得ません。もし近所のクリーニング店を利用するなら、カウンター周りなどホコリが溜まっていないかチェックを忘れずに。

お客さんが目にするカウンター周りが汚れている店は、お客さんから見えない部分はもっと不潔な可能性が高い。そのような店は溶剤管理が心配です。

また、お店のカウンター付近で「洗濯前の衣類」と「洗濯後の衣類」の置き場所が隣接している店は要注意。これは仕上がった衣類にダニなどが付かないか気になります。このような店は絶対に利用したくありません。

ダニがつく環境のクリーニング店

Q.おすすめのクリーニング店は?

クリーニングと言うのは信頼あってのもの。技術も大事ですが、ここ最近は、特殊なシミ以外は個人店もチェーン店も技術的にそう大差はありません。

クリーニング業界で最高峰の信頼を誇る白洋舎、その白洋舎のローヤルクリーニングによる特別仕様で、イオングループの【カジタク】は安心で、おすすめです。

Q.ダウンのクリーニングが800円ってホント?

しかも自宅まで回収&お届け、送料無料 、一律価格、さらに最長9か月の保管付き。保管を実施しているクリーニング店は多いけど、どのような場所で保管しているのか分かりません。そこで重要なのがやはりブランド力。

白洋舎とイオンの看板を持ってして不誠実な事はないでしょう。そうなると金額が高そうですが、これが意外と安い。15点出せば1着800円。ダウンコートも800円で出せると言うのは革命的です。詳しくは【カジタク】の公式サイトにて。


もし役立つ内容なら「シェア」して下さいね!

ドリンクのシミ、バナー食べ物のシミ、バナー調味料のシミ、バナー インク類のシミ、バナー化粧品のシミ、バナー 日常生活のシミ、バナー汗&人体のシミ、バナー