浴衣の洗い方!浴衣の洗濯方法は簡単。クリーニング代を節約しよう

もし役立つ内容なら「シェア」して下さいね!

家庭で簡単!浴衣の洗い方

花火大会や夏祭りで着た浴衣。皆さんはコレ…どうしていますか?もしクリーニングに出していると言うのであれば勿体ない。それは家庭で簡単に洗えるからです。

例えばクリーニング料金を見てみると、浴衣1着で2,000円ほどのクリーニング料金。店によっては3,000円以上するクリーニング店もありますね。確かにクリーニングに出せば楽だけど、やっぱり勿体ない。

一度、自分で洗ってみては如何でしょうか?

浴衣の洗い方

浴衣を洗う前に…

もちろん!簡単に洗えると言っても、洗濯機に入れてスイッチ、オン!って洗い方はNG。優しく手洗いする必要がります。

そして使用する洗剤はドライマークが洗える宣伝している「おしゃれ着洗剤」使う事。お洒落着洗剤と言っても色々ありますが、当サイトは「エマール」で十分と考えています。

お洒落着洗剤の中には2,500円、3,000円といった高額のモノもありますが。実際にはエマールとそれほど性能は変わりません。「エマールは衣類を守る成分が弱い、濃度が薄い」と言っている人もいるようですが、それなら1回の洗濯に使う使用量を通常の倍にすればOK。

倍の量を使用しても、エマールは500mlで400円ほど。とっても経済的です。

(スポンサーリンク)


浴衣の洗い方

浴衣の洗い方は超簡単です。でも注意しなくてはいけない事があります。それは色が出る事。例えば…、赤い浴衣、帯が黄色と言った場合だと、色が薄い方から洗うのが得策。

①洗面所に行き、水を貼り、そこにエマールを通常の2倍量入れる。

②要するに洗浄液を作り、そこに浴衣を入れる。

浴衣の洗い方浴衣の洗い方

そして洗い方は押し洗い。

③洗浄液に漬けたら、両手でグッグッと押し洗う。

この時、色が出てくる場合が多いです。

浴衣の洗い方

この色の出方が異常な場合、その時は洗濯をストップしましょう。その場合はサッと濯いで干して乾かして、アイロンを当てて終了でも大丈夫。

下の写真程の色の出方なら3分ほどは基本的に大丈夫です。

浴衣の洗い方

浴衣は染色が弱いものが多いです。だから「家庭で洗えない」「水洗いが出来ない」何て言われますが、実際には水洗い出来るものが殆ど。

浴衣を家庭で洗うコツは短時間で洗う事。3分以内がコツです。極端に言えば1分でも30秒でも大丈夫。洗浄液に、水に漬けて、汗の汚れを落とすのが目的。

※3分ほどで洗うなら、色が出て、他の場所に移ったりは基本的に心配ありません。
(ただし、異常を感じた時は、その瞬間に決断し、洗濯をやめること)

もし浴衣にシミがる場合、その時はクリーニング店にお任せするのが良いでしょう。

浴衣の洗い方

③洗浄液で洗った次は濯ぎ。

これを忘れてはいけません。1回濯ぎで心配なら2回しても問題ありません。この濯ぎも10秒から20秒で十分です。

浴衣の洗い方

洗い方と言っても、単にこれだけです。本当に簡単なのです。

ただし、注意点があります。

●自信が無い場合は無理をしない。

●お洒落着洗剤を使用する。エマールでOK。

●異常に色が出たら、スグに洗濯をストップさせること。

●浴衣は色が出るものと理解して洗うこと。

●洗っている時は、浴衣から目を離さない。

●アイロンが出来ない場合は洗わない。

●家庭洗濯はリスクもある。絶対に失敗できない衣類は無理に洗わない。

●色の薄いものから順に洗うこと。

●短時間で洗う。3分以内を目途に洗うのがベスト。

これらの注意事項を意識して洗えば、まず問題ないでしょう。ただ、常に100%大丈夫なんてことは世の中にはありません。失敗のリスクは背中合わせです。

十分に注意し、慎重に、異常が起きた時に対処できる心構えを持っておきましょう。とは言え、上記で紹介した通り、基本的に浴衣洗いは簡単なのです。