(スポンサーリンク)

失敗しないクリーニング店の選び方とは?

もし役立つ内容なら「シェア」して下さいね!

正しいクリーニング店の選び方

最近は家庭で洗えるスーツが販売された、洗濯機の機能の向上、またドライマークが洗える洗剤などの一般的に普及するようになり、以前に比べてクリーニング店への依存度も少なくなって来たという方も少なくないかもしれません。ところが…

①家庭で洗う事の出来ない衣類

②家庭では落とせないシミ

は確実に存在します。クリーニング店を利用する機会は嫌でも必ずあり得るもの。だからこそ正しいクリーニング店の見つけ方は知っておきたいもの。

正しいクリーニング店の選び方

では、まずクリーニング店を普段から利用する人、利用しない人の傾向から見てみましょう。ここで8割はクリーニング店を選ぶ視点が決まります。

クリーニング店を常用する人の傾向

普段からクリーニング店を利用しているという方の場合は、その店の特徴などを知っていて、服を大事にしてるイメージがありましね。しかし、クリーニングを常用している人ほど、実は衣類への愛着が少ないケースが多いとも言われているんです。

なぜなら、クリーニングを常用している人ほど、他人任せにしてしまい、クリーニングに出せば安心と思い込み、シミが残っていても気が付いていない場合が多い。また仕上がりがイマイチでも妥協し、仮にシミや汚れに変色に気がついたとしても、もう1年前に出したものだからと簡単に諦めてしまう。

大きな事故やクレームが無い限り、常用しているクリーニング店の特徴など詳しく知らないなど、クリーニング店を頻繁に利用する人ほど、実は衣類に対し無頓着な可能性がある。

クリーニング店を殆ど利用しない人の傾向

クリーニング店を利用しないという方の場合、これも大きく2つのタイプに分かれます。

例えば、普段は自分で出来る限り洗濯やしみ抜きをするというこだわり派の場合、クリーニング店を利用する=高級な服とっても大事にし、絶対に失敗は許されない思い入れがある。だからクリーニングに出した後の仕上がりには気になるし、出来るなら自分自身の手で何とかしたいと言った衣類をとっても大事にするタイプ。

もしくは、クリーニング店は利用しない、なんでも洗濯機に入れてポン!みたいな大雑把な洗濯をしているタイプです。このような方がクリーニング店を利用する時、とにかく安い店を選ぶはず。このページで語るアレコレには殆ど該当しないでしょう。

クリーニング、しみ抜き

しかし、もし「この服はめっちゃ大事にしてて」と、この服だけは、絶対に安心できるクリーニング店に依頼したい!そんな場合はどのように店を探せば良いのか?そのヒントを探ってみましょう。

クリーニング店のHPの情報は信用できる?

とは言っても、ハッキリ言って判断は難しい。それはネット上には正しい情報が少ないからです。例えば、一般的にはHPなどを見て、その情報を参考するのは一つの目安。しかしクリーニングは生産するものではなく、お客様の衣類を洗う仕事。こだわりが見えにくいからです。

「当社は染み抜き98%」みたいな事を書いているHPなども多く見かけますが、あれってホント?って思いませんか?根拠は?基準は?証拠は?と…。

このように98%やら97%などの店に、絶対に落とせないだろうシミの付いた服を10着ほど持って行き、結果を見てみたいものです。そして仮に落とせなかった場合、そのパーセンテージは下落するのだろうか?実に興味深い所です。

これらを見極めて初めて、信用できると判断できそうです。

テレビや雑誌に出てるクリーニング店はおすすめか?

テレビに出演しました!みたいな事を売りにしていいる店も見かけます。そのような店は本当に技術力が高いのでしょうか?それも定かではありません。

テレビは一度出ると、何度も出やすい傾向があります。それはテレビ局のディレクターさんなどは、その店が本当にスゴイかなどは知らないからです。では何を基準に選んでいるか?それは過去にテレビで紹介された店などに連絡を取ってるだけと言った事を業界内で耳にした事があります。理由はそのほうが楽だからです。

クリーニング店からすると、テレビなどの出演は良い宣伝PRになりますが、テレビに出た=技術があるではありません。コネや紹介で出演し、その番組をみた別の番組がその店にオファーしてる…そんなクリーニング屋さんが実は多いのです(業界の裏話)。

個人店とチェーン店どっちがおすすめ?

会社によって異なりますので正確な答えは出来ませんが、チェーン店の方が管理が良いですね。仮にトラブルなどがあった場合の対応も圧倒的にチェーン店が良い。小さな個人店は対応力に問題がある場合が多いです。

もしもトラブルになったら…、ここを意識し店を選ぶ基準にしても良いでしょう。

また使用している洗剤や薬剤なども殆ど変わらす、逆に仕上げの機械などは個人店よりチェーン店の方が充実していますので、最近の仕上がりは個人店よりもチェーン店の方がキレイと言う声が多くなってきています。またチェーン店の方が価格も安い場合が多いですね。

パートさんが中心の店はプロの仕事ではない?

あのクリーニング店はパートさんばっかだから…。そんな言葉を聞いた事があります。でもパートさんでも凄い人は凄い。また個人店の職人さんと、チェーン店のパートさんと仮によーいドン!で競争しても大差はありません。

むしろ設備あるチェーン店の方が早くてキレイな場合が多く、また「手仕上げ」よりも機械仕上げの方がキレイな場合が多い。時代は進化しているのです。個人店でも、よく見ればパートさんが働いている場合が多い。要は資金力なだけで、本当はどのクリーニング店もパートさんを雇いたいのです。

良いクリーニング店の見つけ方は?

そもそも良いクリーニングって何だと思いますか?キレイに汚れを落として洗ってくれる店ですよね。お金を払ってそれをお願いしているわけですから、当然ですよね。もちろん、そこには技術力などもありますが、見た目の汚れだけ気にしてては行けません。

①クリーニング後のニオイは大丈夫?

気を付けるべきはニオイです。クリーニング店には「逆汚染」と言う言葉があって、ドライクリーニングの溶剤をキレイに浄化せず、汚い液を何度も使っている店も存在しています。それを見極めるのは、クリーニング後のニオイです。臭い店は要注意。

②カウンター周りは清潔かチェック

クリーニング業とは、人から預かった衣類をキレイに洗濯してお返しすること。キレイに洗濯する環境が整っているか?そこは大事なポイントです。さすがに工場の中まで見る事は出来ないので、カウンター周りを見て下さい。ホコリ多くないっですか?

もしホコリが多いなら、その店は掃除が出来ていません。カウンターと言えば、お客さんが目にする場所。お客が見る場所をキレイに出来ない店が、顧客の目に触れない工場内をキレイにしているとは思えません。溶剤の管理なども怪しいものです。

③仕上がった衣類がどのように保管されてるか?

お店に行くと、仕上がった衣類が乱雑に吊られているのを見かける場合があります。また洗う前の服のすぐ近くに置いている場合もあります。衛生面でこのような店は問題アリです。洗う前の服にはダニなどが付いている場合もあります。この辺はチェックしましょう。

④お店の口コミはチェックしたい。

クリーニング店のHPで語っているうんちくではなく、利用者の声を意識したい。サイトなどを見ても、クリーニングは口コミが少ないので参考材料は少ないのが難点。できれば遠方ではなく近所のクリーニング店で地元の評判を意識するのが良いでしょう。クリーニング店の公式サイトに貼られている「お客様の声」は話半分で参考に。

⑤クリーニング店さんの人柄も参考になる

自分の大事な服を預ける以上、その会社の風土は参考にしたい。チェーン店の場合はここは参考にしにくいが、個人店の場合は店主さんのブログやTwitterはチェックしてみるのも良いでしょう。この人ちょっと個性的…みたいな場合は避けるのが一番。また自分を達人のように美化してたり、妙に演出している人もメディアに出て勘違いし、テレビ局ウケする事に一生懸命なだけで技術はソコソコみたいな場合も多いようです。

できるだけ、近所で評判の良いクリーニング店を探すのが最もおすすめです。

<スポンサーリンク>


Q.どんなクリーニング店が良いの?

街中を歩けば必ずと言って良いほどクリーニング店を必ず目にします。技術や管理、また値段、対応力、信頼度など店によって異なります。 クリーニング業界で数年前まで「個人店は値段も高いが技術が良い」「チェーン店は値段は安いが技術が低い」と言われていた事がありました。しか最近は違います。

そんなクリーニング店の見極めポイントを紹介しましょう。


クリーニング店の上手な選び方

Q.チェーン店or個人店?

クリーニング店のHPに「当店は一点一点、丁寧に手仕上げしています」とあります。確かにそこを重視しているこだわり店もあります。しかし実は資金力。最新の仕上げ機は人間の手仕上げより早くてキレイです。資金力ある大手チェーン店は最新の設備を持っています。

また「個人店は技術が高く、チェーン店はパートさん中心だから品質が悪い」そんな事を耳にすることもありますが、これは違います。そのような店も存在するかもしれませんが、ベテランのパートさんの実力を舐めてはいけません。

ヘアカラーのシミを落とすなど、特殊な染み抜き技術ある個人店を除けば、大手のチェーン店の方が、設備が充実し、品質が高く、価格も良心的な場合が多い。またトラブルの際の対応力に関しても全く違います。

Q.クリーニング店の見極め方は?

お客様の大事な服を預かる仕事。そしてキレイにしてお返しするのがクリーニングの本業です。清潔でない環境はあり得ません。もし近所のクリーニング店を利用するなら、カウンター周りなどホコリが溜まっていないかチェックを忘れずに。

お客さんが目にするカウンター周りが汚れている店は、お客さんから見えない部分はもっと不潔な可能性が高い。そのような店は溶剤管理が心配です。

また、お店のカウンター付近で「洗濯前の衣類」と「洗濯後の衣類」の置き場所が隣接している店は要注意。これは仕上がった衣類にダニなどが付かないか気になります。このような店は絶対に利用したくありません。

ダニがつく環境のクリーニング店

Q.おすすめのクリーニング店は?

クリーニングと言うのは信頼あってのもの。技術も大事ですが、ここ最近は、特殊なシミ以外は個人店もチェーン店も技術的にそう大差はありません。

クリーニング業界で最高峰の信頼を誇る白洋舎、その白洋舎のローヤルクリーニングによる特別仕様で、イオングループの【カジタク】は安心で、おすすめです。

Q.ダウンのクリーニングが800円ってホント?

しかも自宅まで回収&お届け、送料無料 、一律価格、さらに最長9か月の保管付き。保管を実施しているクリーニング店は多いけど、どのような場所で保管しているのか分かりません。そこで重要なのがやはりブランド力。

白洋舎とイオンの看板を持ってして不誠実な事はないでしょう。そうなると金額が高そうですが、これが意外と安い。15点出せば1着800円。ダウンコートも800円で出せると言うのは革命的です。詳しくは【カジタク】の公式サイトにて。


もし役立つ内容なら「シェア」して下さいね!

ドリンクのシミ、バナー食べ物のシミ、バナー調味料のシミ、バナー インク類のシミ、バナー化粧品のシミ、バナー 日常生活のシミ、バナー汗&人体のシミ、バナー