●ランキングの順位は…?



鉛筆のシミの落とし方!簡単10分で出来る染み抜き方法

もし役立つ内容なら「シェア」して下さいね!

えんぴつのしみ抜き

色鉛筆の染み抜き

鉛筆が服に付いたシミになる事は滅多にありませんが、もしついてしまった場合は鉛筆系は「固形石鹸」が便利です。もしくは「台所用洗剤」が効果的。服の素材にもよりますが、比較的落ちやすいシミと言えるでしょう。

しみ抜きの目安!簡単そう

応急処置方法

インク系のシミの応急処置は判断が難しい。中途半端にすると逆にシミの範囲が広がってしまう可能性があります。応急処置で水分は出来るだけ使用しないようにしましょう。もしインクが付いて、まだ乾いていない状態なら乾いたテッシュなどでまずは拭き取るのが大切。
(鉛筆系の場合は特に該当しません)

手洗い用の「アルコールジェル」は意外と使えます。これは100均などでも売ってますので職場や家庭に一つ置いておくと便利です。

<スポンサーリンク>


鉛筆のしみ抜きに使うもの

「台所用洗剤」「石鹸」
普段使っているものでOKです。

「液体タイプ酸素系漂白剤」
塩素系は× 酸素系を使います。

「セスキ炭酸ソーダ」
アルカリ剤です。これでパワーアップ!

「クエン酸」
最後に酸性でアルカリを中和します。

鉛筆の染み抜き方法

ここで使うのは「石鹸」か「台所用洗剤」です。洗剤をシミ部分につけ、歯ブラシでトントンします。ゴシゴシ擦って生地を痛めないように注意しましょう。もしまだシミが残っていたら次のステップに進みます。
※洗剤だけで落ちる場合も多々あります。

簡単!台所用洗剤だけでシミが取れる

それでもシミが残っていたら、次は「セスキ炭酸ソーダ」をふりかけ、更にシミ部分に「液体の酸素系漂白剤」を大さじ一杯分ほどかけます。

セスキ炭酸ソーダはアルカリ剤です。酸素系漂白剤にアルカリの力を加え、パワーアップさせ、更に熱を加えます。ここでドライヤーでもOKですが、コップに熱湯を入れ、シミ部分にゆっくりかけ、5分~10分ほど放置させるのが楽ちんでおすすめ。

最後に、アルカリが残ったままだと衣類を痛めてしまうので「クエン酸水」をシミ部分に流し込み中和します。


【しみ抜きアイテムを探す】

▼「台所用洗剤」について
▼「液体酸素系漂白剤」について
▼「セスキ炭酸ソーダ」について
▼「クエン酸」について

▼「クレンジングオイル」について
▼「アルコールジェル」について
▼「除光液」について
▼「消毒用エタノール」について

シミの難易度

▼トップページ(染み抜き一覧)に戻る
 

↑当サイトの情報が役に立つ場合は「ランキング」にご協力いただければ有難いです。


<スポンサーリンク>


お気に入りの革靴ブーツはプロに任せましょう!

靴やブーツの汚れの落とし方

革製品が自宅で洗える!と言った製品を販売している洗剤メーカなどありますが、実際には洗う事は出来ても「シミが落ちなかった」「型崩れした」と言う残念な結果が多いようです。

家庭では革製品は洗えてもシミまでは落とせません。ここはプロの領域。中途半端に節約を考え失敗のリスクを高めるより、お気に入りのブーツは確実に汚れを落としたい。年間35,000足以上の実績を持つ 靴クリーニング・丸洗いの全国宅配[くつリネット] がおすすめです。

もし役立つ内容なら「シェア」して下さいね!

ドリンクのシミ、バナー食べ物のシミ、バナー調味料のシミ、バナー インク類のシミ、バナー化粧品のシミ、バナー 日常生活のシミ、バナー汗&人体のシミ、バナー