クリーニング店へのクレームの仕方(1)あなたならどうする?

もし役立つ内容なら「シェア」して下さいね!

クリーニング店へのクレームの仕方(1)

クリーニングに出して大切な服の風合いが変わった。縮んだ。色が変わった。破れた。傷がある。破れた。紛失された…。

クリーニングによるトラブルは様々なケースがあります。

そんな時…、皆さんはどうしていますか?

ここでは、クリーニングに出して問題が生じた時、その対処の仕方に困っている方に少しでも参考になればと書いてみることにしました。

クリーニングのクレーム

クリーニングトラブルについて

クリーニング業界は顧客満足度は20%以下と言われ、クレームは多発する一方、まさにクレーム産業と呼ばれるのも納得してしまう…そんな業界。お金を出して後悔とストレスを抱えるなら、家庭で洗えるものは家庭で洗った方が良いと言う人も少なくありません。とは言っても、家庭で歯洗えない服も多くあります。

それに、お客さんの衣類を預かって洗って返すと言う職種ですのでトラブルはつきもの。要するに一方的にクリーニングが悪いとも言いきれない場合がある。だから、クリーニングのトラブルは判断の難しい場合があるのも事実です。

本題に入る前に…コレも書いておきましょう。

全てクリーニング店が悪いとは限らない

例えば、「クリーニングに出して服が縮んだ!弁償して」と叫ぶ婦人…

その服を預かって、販売メーカーに衣類を送付して寸法を確認してもらうと「販売時より逆に伸びてます」と言ったケースもある。

クリーニングトラブル

要するに、お客さんが太った事が原因。洗って縮んだわけではない。その事実を伝えると烈火のごとく怒って、手が付けられなくなった…と言う実例もある。これはハッキリ言ってクリーニング店からすると、いい迷惑ですね。

このように実際にはクリーニング店が悪くないがクレームになっている例もあります。

それでは、状況によって様々ですが、クリーニングトラブルに巻き込まれてしまった場合の対処法について紹介していきましょう。

クリーニングトラブルで多いのは…

クリーニングトラブル

■もっとキレイになると思ってた…
■シミが取れてない。
■服が縮んだ、服が伸びた
■クリーニングに出す前は、こんな所に傷なんてなかった。
■色目が変わった、変色している。
■風合いが変わった。
■ボタンが無い、ボタンが欠けている。
■付属品が紛失している。
■クリーニングに出して、以前よりシミが増えた。
■クリーニング後に黄ばみが出てきた。

(スポンサーリンク)


実例!信じられないクリーニング被害

以前こんな事がありました。シャツをクリーニングに出して1年後に着用しようとしたら黄ばんでいたと言う事例です。実はこれ…良くある話です。

クリーニングのクレーム

クリーニングに出し、受け取った時は何も問題はありませんでした。いや、正確に言うと…気が付かなかったので、何も問題はなかったと思う。と言った感じです。

そのままクローゼットに入れて約1年後。シャツを着ようとクローゼットから出すと…

クリーニングのクレーム

赤茶けたシミが全身に出ていました。

クリーニングのクレーム

他にも同じ時に出したシャツは赤いシミがあり、とても着用できる状態ではありません。クリーニングに出して1年後の発覚です。

この店は関西でもシミ抜きで有名なお店。有名と言うか…ネットで都道府県を入れ「クリーニング、染み抜き」で検索すると上位に出て来るお店です。

それで、この状態…。

要するに、ネットの「染み抜き専門」などは宣伝言葉で特別な根拠もないのでしょう。クリーニング業界において、今回のような事例は少なくありません。

ネットで「染み抜き名人」は信用できる?

そもそも自ら「染み抜き名店」「染み抜き名人」「染み抜き達人」と言っている時点で違和感を感じます。クリーニングの個人店のHPを見ていると多いですね。

これらの評価は第三者がするもので、自社サイトで「名人」「達人」と書いている時点で自作自演感がいっぱいです。皆さんは、どうお考えでしょうか?

更に、業界の裏情報を言うなら、クリーニング関連のグループや協会が主催者として運営しているサイトで「○○県を代表する…」「あの店はスゴイ!」と紹介されているものも見かけます。これもグループに参加している店を優遇して書いたり製作費を支払って作ってもらっているケースが多い。ヤラセじゃないの?と信ぴょう性に疑問を感じる場合がある。

クリーニング店の利用に関してもAmazonや楽天などのようなレビューがあるとマシなのですが、どうしても作為的なものが多い事は覚えておいた方が良いでしょう。

赤茶けたシミの原因は?

このクリーニングに出して、1年後に発覚した赤茶けたシミは、おそらくアルカリ剤が残ってたのが原因と思われます。殆どクリーニング店では、Yシャツを洗う時に、過酸化水素、過炭酸など漂白剤+アルカリ剤+温度で洗っています。

こんな状態で仕上げられても…。これならクリーニングなど出さずに、自宅で洗った方がマシですね。生地は傷むし、弁償して欲しい気持ちでいっぱいです。しかし、1年前に出したクリーニング、既に伝票も捨ててしまったと言うケースもあるでしょう。

こんな場合、あなたなら…どうしますか?

では、クリーニングトラブルについての対処法を順に紹介して行きましょう。ここで紹介する方法が全て正しいとも言い切れませんが、どのように対処して良いか分からない場合に少しでも参考になれば幸いです。

次のページに進む>