古いシミの落とし方!簡単10分で出来る染み抜き方法

もし役立つ内容なら「シェア」して下さいね!

古いシミ

古いシミの染み抜き

1年前のシミ、もしくはもっと古い…。久しぶりにクローゼットから出して見たら思わぬ場所にシミがあったって経験は誰にでも一度はあるもの。このようなシミは基本的に漂白剤を使用しないと落ちません。

頑固で何度も同じ作業を繰り返さないと行けないと落ちないかも。根気勝負のシミ。ただし無理は禁物。難しい場合は無理をせずクリーニング店に依頼しましょう。

しみ抜きの目安!手ごわそう



<染み抜きの前に>
染み抜きは、素材やシミの度合いによって衣類を傷つける場合があります。難しい時はムリをせず、信頼あるクリーニング店を利用しましょう。

<人気の宅配クリーニング店>
染み抜き無料・送料無料
● 「リネット」 1点から利用OK
● 「フランス屋」 低価格で高品質
● 「ホワイト急便」 ダウンが安く出せる
おすすめクリーニング&安い店 日本各地には数多くのクリーニング店があります。 クリーニング店を利用する場合、礼服など急ぎは近所の...

<家庭染み抜き・裏技アイテム>
衣類用染み抜き剤「スポッとる 」はクリーニング店が使うプロ用染み抜き剤の家庭版。1本持っていると心強いですよ。

応急処置方法(古いシミ)

古いシミは応急処置はありません。気が付いた時に出来る事をするだけですね。

尚、体臭など気になるニオイは洗濯では完全に落ちない場合があります。消臭効果の高い消臭スプレーを持っておくと便利です。
⇒足の臭い、わきがの臭い、尿臭まで97%以上落ちる「消臭スプレーヌーラ」



古いシミのしみ抜きに使うもの

「台所用洗剤」
普段の食器洗いで使っているものでOK。

「液体タイプ酸素系漂白剤」
塩素系は× 酸素系を使います。

「セスキ炭酸ソーダ」
アルカリ剤です。これでパワーアップ!

「クエン酸」
最後に酸性でアルカリを中和します。

家庭の染み抜きで使うアイテムは? 衣類にシミが付いた時、食べこぼしなら自宅で8割ほどは落とせます。 もちろん衣類の素材やシミの状況に...

シミに困った

古いシミの染み抜き方法

シミ部分に「台所用洗剤」をつけ歯ブラシでトントンします。ゴシゴシ擦って生地を痛めないように注意しましょう。台所洗剤だけでシミが落ちていたら終了です。もしまだシミが残っていたら次のステップに進みます。

シミが残っていたら、そこに「セスキ炭酸ソーダ」をふりかけ、更にシミ部分に「液体の酸素系漂白剤」を大さじ一杯分ほどかけます。

漂白の染み抜きポイント!アルカリ

セスキ炭酸ソーダはアルカリ剤です。酸素系漂白剤にアルカリの力を加え、パワーアップさせ、更に熱を加えます。ここでドライヤーでもOKですが、コップに熱湯を入れ、シミ部分にゆっくりかけ、5分~10分ほど放置させるのが楽ちんでおすすめ。

染み抜き

最後に、アルカリが残ったままだと衣類を痛めてしまうので「クエン酸水」をシミ部分に流し込み中和します。

しみ抜きはココで終了ですが、シミが残っていたら、セスキ炭酸ソーダを再びかけ、同じ作業を繰り返してみましょう。もしシミが取れていたら、洗濯機で洗うようにして下さい。

漂白剤を使うシミ抜き事例はコチラ

【実践】家庭で簡単!衣類の染み抜き方法 私たちの服には「食べこぼし?」という不明確なシミが沢山あります。その度に「何のシミ?」「こ...
おすすめクリーニング店の選び方 クリーニング店はお店によってサービス、値段、品質などが異なります。金額を支払って利用するのであれば、安...

シミの難易度